MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

GRENSON オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、グレンソンのソール張替え例です。 現状と同様にリッジウェイソールで張り替えです。

今回のご紹介は、グレンソンのソール張替え例です。
現状と同様にリッジウェイソールで張り替えです。

ヒールを取り除き、リッジウェイソールを剥がします。 ダブルソール構造ですのでミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ヒールを取り除き、リッジウェイソールを剥がします。
ダブルソール構造ですのでミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

アッパー(甲革)ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

アッパー(甲革)ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

新しいリッジウェイソールを貼り合わせ形成加工します。

新しいリッジウェイソールを貼り合わせ形成加工します。

ウエルトとリッジウェイソールを縫い合わせます。

ウエルトとリッジウェイソールを縫い合わせます。

リッジウェイヒールを取付け形成加工します。

リッジウェイヒールを取付け形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

これで、リッジウェイソールの張替えは完了です。

これで、リッジウェイソールの張替えは完了です。

CARMINA オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、カルミナのソール張替えです。 現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、カルミナのソール張替えです。
現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 ソール接地面中央部が擦り減って大きな穴が開いており、中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
ソール接地面中央部が擦り減って大きな穴が開いており、中のコルクは崩れる状態となっています。

古いコルクを取り除き、新しいコルクを埋めます。 また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

古いコルクを取り除き、新しいコルクを埋めます。
また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ、ダイナイトヒールを合わせて形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、ダイナイトヒールを合わせて形成加工します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

UNION IMPERIAL オールソール

・ハンドソーンウェルト製法

今回は、ユニオンインペリアルのソール張替え例をご紹介します。 元々のレザーソールからクッション性の良さそうなラバーソールに張替えたいとの事で、ご相談の結果ビブラム#2094で行う事となりました。

今回は、ユニオンインペリアルのソール張替え例をご紹介します。
元々のレザーソールからクッション性の良さそうなラバーソールに張替えたいとの事で、ご相談の結果ビブラム#2094で行う事となりました。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取って、ラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取って、ラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

ビブラム#2094を貼り合わせ形成加工します。

ビブラム#2094を貼り合わせ形成加工します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完了です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完了です。

REGAL オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、リーガルのソール張替え例のご紹介です。 現状のレザーソールからビブラム#2055に張替えたいとのオーダーです。

今回は、リーガルのソール張替え例のご紹介です。
現状のレザーソールからビブラム#2055に張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

新しいコルクを埋め、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 ダイナイトソールとほぼ同じパターンのソールですが、より厚みがあり、粘りがあるラバーソールです。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
ダイナイトソールとほぼ同じパターンのソールですが、より厚みがあり、粘りがあるラバーソールです。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)もビブラム#2055ヒールを合わせ形成加工します。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)もビブラム#2055ヒールを合わせ形成加工します。

横から見るとこんな感じです。

横から見るとこんな感じです。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は、元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は、元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

これで、レザーソールからビブラム#2055ソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからビブラム#2055ソールへの張替えは完了です。