MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

REGAL オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、リーガルのソール張替え例のご紹介です。 現状のレザーソールからビブラム#2055に張替えたいとのオーダーです。

今回は、リーガルのソール張替え例のご紹介です。
現状のレザーソールからビブラム#2055に張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

新しいコルクを埋め、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 ダイナイトソールとほぼ同じパターンのソールですが、より厚みがあり、粘りがあるラバーソールです。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
ダイナイトソールとほぼ同じパターンのソールですが、より厚みがあり、粘りがあるラバーソールです。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)もビブラム#2055ヒールを合わせ形成加工します。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)もビブラム#2055ヒールを合わせ形成加工します。

横から見るとこんな感じです。

横から見るとこんな感じです。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は、元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は、元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

これで、レザーソールからビブラム#2055ソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからビブラム#2055ソールへの張替えは完了です。

adidas オールソール(カスタマイズ編)

今回のご紹介は、アディダスのソール張替え例です。 画像ではわからないのですが、レディースの可愛らしいサイズのスニーカーで、画像を提示いただき「こんな感じのソールにしてほしい」とカスタマイズのオーダーをいただきました。

今回のご紹介は、アディダスのソール張替え例です。
レディースの可愛らしいサイズのスニーカーで、画像を提示いただき「こんな感じのソールにしてほしい」とカスタマイズのオーダーをいただきました。

まずは、現状の擦り減ったソールを剥がします。

まずは、現状の擦り減ったソールを剥がします。

ビブラム#7500にストームウエルトを巻き縫い合わせミッドソールを作成し、アッパー(甲革)と縫い合わせ固定します。

ビブラム#7500にストームウエルトを巻き縫い合わせミッドソールを作成し、アッパー(甲革)に貼り合わせた上で中底と縫い合わせ固定します。

作成したミッドソールにビブラム#4014を貼り合わせ形成加工し、コバ廻りの仕上げを施します。

作成したミッドソールにビブラム#4014を貼り合わせ形成加工し、コバ廻りの仕上げを施します。

ご来店の際にご提示いただいたのがこんな感じの画像で、まさに同じようにカスタマイズ出来たと思います。

ご来店の際にご提示いただいたのがこんな感じの画像で、まさに同じようにカスタマイズ出来たと思います。

これで、アディダスのカスタマイズオールソールは完了です。

これで、アディダスのカスタマイズオールソールは完了です。

foot the coacher オールソール

・グッドイヤーウエルト製法

今回のご紹介は、フットザコーチャーのソール張替え例です。

今回のご紹介は、フットザコーチャーのソール張替え例です。

サイズが大きい上に、これだけのソールの厚みで靴が曲がらず歩きにくいとの事。 ご相談の結果、ビブラム#2055ソールに張替える事になりました。

サイズが大きい上に、これだけのソールの厚みで靴が曲がりにくく歩きにくいとの事。
ご相談の結果、ビブラム#2055ソールに張替える事になりました。

アウトソール及びウェッジソール・ミッドソールを剥がします。

アウトソール及びウェッジソール・ミッドソールを剥がします。

中のコルクは崩れる状態となっていましたので取り除きます。

中のコルクは崩れる状態となっていましたので取り除きます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは、革を積み上げビブラム#2055ヒールを合わせて形成加工します。

ヒールは、革を積み上げビブラム#2055ヒールを合わせて形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 このソールの厚みであれば問題無く靴は曲がってくれると思います。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
このソールの厚みであれば問題無く靴は曲がってくれると思います。

これで、ビブラム#2055でのソールの張替えは完了です。

これで、ビブラム#2055でのソールの張替えは完了です。

ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回もオールデンのソール張替え例をご紹介します。 現状のプランテーションソールからビブラム#700ソールで張り替えたいとのオーダーです。

今回もオールデンのソール張替え例をご紹介します。
現状のプランテーションソールからビブラム#700ソールに張り替えたいとのオーダーです。

つま先のレザー及びクレープソールを剥がします。

つま先のレザー及びクレープソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ビブラム#700ソールを貼り合わせ形成加工し、新たにウエルトとソールを縫い合わせます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ビブラム#700ソールを貼り合わせ形成加工し、新たにウエルトとソールを縫い合わせます。

ビブラム#700ヒールを取付けます。

ビブラム#700ヒールを取付けます。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りをシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りをシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、プランテーションソールからビブラム#700ソールでの張替えは完了です。 プランテーションソールの時より靴自体がシャキッとしましたね!

これで、プランテーションソールからビブラム#700ソールでの張替えは完了です。
プランテーションソールの時より靴自体がシャキッとしましたね!