MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

CROCKETT&JONES オールソール/グッドイヤーウエルトから交換

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。 現状のレザーソールからダイナイトソールに変更して張り替えるというオーダーです。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。
現状のレザーソールからダイナイトソールに変更して張り替えるというオーダーです。

但し、グッドイヤーウエルトがチギレているという事で、こちらの交換から行う事となりました。

但し、グッドイヤーウエルトがチギレてしまっているという事で、こちらの交換から行う事となりました。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせている糸を切り、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせている糸を切り、レザーソールを剥がします。

グッドイヤーウエルトが劣化により次々とチギレる状態となっていました。

グッドイヤーウエルトが劣化により次々とチギレる状態となっていました。

グッドイヤーウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせていた糸を抜き取っていきます。

グッドイヤーウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせていた糸を抜き取っていきます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)と縫い合わせていきます。 この際、アッパー(甲革)を傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせていきます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)と縫い合わせていきます。
この際、アッパー(甲革)を傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせていきます。

グッドイヤーウエルトの縫い合わせ完了です。

グッドイヤーウエルトの縫い合わせ完了です。

ウッドシャンクを取付けます。 *ウッドシャンクとは踏まず部分に取り付け、靴の反りを保つ部品で木製の物です。

ウッドシャンクを取付けます。
*ウッドシャンクとは踏まず部分に取り付け、靴の反りを保つ部品で木製の物です。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はダイナイトヒールを貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はダイナイトヒールを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

これで、劣化によりチギレていたグッドイヤーウエルトの交換から行い、レザーソールをダイナイトソールに変更して張替える作業は完了です。

これで、劣化によりチギレていたグッドイヤーウエルトの交換から行い、レザーソールをダイナイトソールに変更して張替える作業は完了です。

Tricker’s オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。 現状のダイナイトソールからグッドイヤーソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。
現状のダイナイトソールからグッドイヤーソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ダイナイトソールとウエルトを縫い合わせている糸を切ってソールを剥がします。 ダブルソール構造のシューズですので、アウトソールのダイナイトソールを剥がすとミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ヒールを分解除去し、ダイナイトソールとウエルトを縫い合わせている糸を切ってソールを剥がします。
ダブルソール構造のシューズですので、アウトソールのダイナイトソールを剥がすとミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

グッドイヤーウエルト側に残る糸を抜き取っていきます。

グッドイヤーウエルト側に残る糸を抜き取っていきます。

グッドイヤーソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

グッドイヤーソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)も研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ダイナイトソールからグッドイヤーソールへの張替えは完了です。

これで、ダイナイトソールからグッドイヤーソールへの張替えは完了です。

JOHN LOBB オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、ジョンロブのソール張替え例をご紹介します。 現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

今回は、ジョンロブのソール張替え例をご紹介します。
現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールとウエルトを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールとウエルトを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

上から見た抜き取っている状況です。

上から見た抜き取っている状況です。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。 そして、改めてウエルトとソールを縫い合わせます。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。
そして、改めてウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はダイナイトヒールを貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)はダイナイトヒールを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

Campanile オールソール

・マッケイ製法からブラックラピッド製法に変更してソール交換

今回のご紹介は、鹿児島県からご依頼いただきましたカンパニーレのソール張替え例です。 現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、鹿児島県からご依頼いただきましたカンパニーレのソール張替え例です。
現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、中底とソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、中底とソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

中底側に残る縫込み糸は抜き取ります。

中底側に残る縫込み糸は抜き取ります。

まずは、コマンドソールの土台となるミッドソール(二枚目のソール)を 薄手のレザーソールにマッケイウエルトを貼り合わせ作成します。

まずは、コマンドソールの土台となるミッドソール(二枚目のソール)を
薄手のレザーソールにマッケイウエルトを貼り合わせ作成します。

作成したミッドソール(二枚目のソール)をアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。 この段階まではマッケイ製法の手法です。

作成したミッドソール(二枚目のソール)をアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。
この段階まではマッケイ製法の手法です。

ミッドソール(二枚目のソール)にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。 更に、張り出したマッケイウエルト部分とコマンドソールを縫込みます。 この段階はグッドイヤーウエルト製法の手法で、この様にマッケイ製法とグッドイヤー製法を組み合わせた手法がブラックラピッド製法です。

ミッドソール(二枚目のソール)にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。
更に、張り出したマッケイウエルト部分とコマンドソールを縫込みます。
この段階はグッドイヤーウエルト製法の手法で、この様にマッケイ製法とグッドイヤー製法を組み合わせた手法がブラックラピッド製法です。

コマンドヒールを取付けます。

コマンドヒールを取付けます。

仕上げの為、コバ(ソール側面)・ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)・ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)・ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)・ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。 この様な手法でソール交換すれば、次回のソール張替えの際はミッドソール(二枚目のソール)はそのままに、他の色んなソールに張替える事が可能です。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。
この様な手法でソール交換すれば、次回のソール張替えの際はミッドソール(二枚目のソール)はそのままに、他の色んなソールに張替える事が可能です。