MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、オールデンのソール張替え例をご紹介します。 イタリアレザーでのソール交換です。

今回は、オールデンのソール張替え例をご紹介します。
イタリアレザーでのソール交換です。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸を切り、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸を切り、レザーソールを剥がします。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソールの表面仕上げも施し、オールデンらしく飾り車でギザ模様を付けてみました。

ソールの表面仕上げも施し、オールデンらしく飾り車でギザ模様を付けてみました。

これで、イタリアレザーでのソール交換は完了です。

これで、イタリアレザーでのソール交換は完了です。

Lotus オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、ロータスのソール張替え例です。 イタリアナチュラルレザーを使用した張替えのオーダーです。

今回のご紹介は、ロータスのソール張替え例です。
イタリアナチュラルレザーを使用した張替えのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールとウエルトを縫い合わせている糸を切り、アウトソールを剥がします。 ダブルソール構造のシューズですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ヒールを分解除去し、ソールとウエルトを縫い合わせている糸を切り、アウトソールを剥がします。
ダブルソール構造のシューズですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず、革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず、革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 ヒールの上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
ヒールの上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ナチュラルレザーの表面仕上げも施し完成です。

ナチュラルレザーの表面仕上げも施し完成です。

Paul Smith オールソール

・マッケイ製法

今回は、ポールスミスのソール張替え例をご紹介します。

今回は、ポールスミスのソール張替え例をご紹介します。

ヒールを分解除去し、中底と縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、中底と縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。

中底側に残る縫込み糸を抜き取ります。

中底側に残る縫込み糸を抜き取ります。

イタリアレザーでゲージを取り、アッパー(甲革)に貼り合わせ改めて中底と縫い合わせます。 ハーフラバー加工を行う部分は研削しておきます。

イタリアレザーでゲージを取り、アッパー(甲革)に貼り合わせ改めて中底と縫い合わせます。
ハーフラバー加工を行う部分は研削しておきます。

ハーフラバー(ビブラム#2027)を貼り合わせ形成加工します。

ハーフラバー(ビブラム#2027)を貼り合わせ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

これで、ハーフラバー加工を含むソールの張替えは完了です。

これで、ハーフラバー加工を含むソールの張替えは完了です。

YANKO オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、ヤンコのソール張替え例です。 イタリアレザーでソール張替えのオーダーです。

今回のご紹介は、ヤンコのソール張替え例です。
イタリアレザーでソール張替えのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。 他店で一度ソール張替えを行ったシューズのご依頼をいただく事も多いのですが、この糸を抜くという作業をしていないケースが多く、ウエルトが残った糸で凸凹になっていたりしますのでご注意を!

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。
他店で一度ソール張替えを行ったシューズのご依頼をいただく事も多いのですが、この糸を抜くという作業をしていないケースが多く、ウエルトが残った糸で凸凹になっていたりしますのでご注意を!

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、改めてウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、改めてウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは、革を積み上げトップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工し作成します。

ヒールは、革を積み上げトップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工し作成します。

コバ(ソール側面)も仕上げの為研磨します。

コバ(ソール側面)も仕上げの為研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒール上部には飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒール上部には飾り車でギザ模様を付けています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソールにも表面仕上げを施し完成です。

ソールにも表面仕上げを施し完成です。