MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Jalan Sriwijaya オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたジャランスリウァヤのソール張替え例です。 イタリアナチュラルレザーで張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたジャランスリウァヤのソール張替え例です。
イタリアナチュラルレザーで張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 ジャランスリウァヤの場合、中のコルクは崩れるケースがほとんどです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
ジャランスリウァヤの場合、中のコルクは崩れるケースがほとんどです。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。(ウエルトに残る縫込み糸は抜き取っておきます)

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工します。

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工します。

ウエルトとレザーソールを縫込むラインに溝を掘ります。

ウエルトとレザーソールを縫込むラインに溝を掘ります。

ウエルトとソールを縫い合わせます。

ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは、まず、革を積み上げ形成加工します。

ヒールは、まず、革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

横から見るとこんな感じです。

横から見るとこんな感じです。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施し、上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施し、上部には飾り車でギザ模様を付けます。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

レザーソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を施し、踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を施すツートンカラーで仕上げています。

レザーソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を施し、踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を施すツートンカラーの仕上げを行っています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

レザーソール底面の全体像はこんな感じになります。

レザーソール底面の全体像はこんな感じになります。

これで、ジャランスリウァヤのソール張替えは完了です。

これで、ジャランスリウァヤのレザーソール張替えは完了です。

SCOTCH GRAIN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、スコッチグレインのソール張替え例です。 現状のラバーソールからレザーソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、スコッチグレインのソール張替え例です。
現状のラバーソールからレザーソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを取り除き、ソールと縫い合わせている糸を切り、ラバーソールを剥がします。

ヒールを取り除き、ソールと縫い合わせている糸を切り、ラバーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工して作成します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工して作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

レザーソールも表面仕上げを施し、スコッチグレインでよく見受けられるギザ模様も飾り車で付けてみました。

レザーソールも表面仕上げを施し、スコッチグレインでよく見受けられるギザ模様も飾り車で付けてみました。

これで、スコッチグレインのラバーソールからレザーソールへの張替えは完了です。

これで、スコッチグレインのラバーソールからレザーソールへの張替えは完了です。

MOTO オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回はモトのソール張替え例をご紹介します。 イタリアレザーを使用し、ハーフラバー加工を行うというオーダーです。

今回はモトのソール張替え例をご紹介します。
イタリアレザーを使用し、ハーフラバー加工を行うというオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

レザーソール接地面にハーフラバー(ビブラム#7673)を貼り合わせ形成加工します。

レザーソール接地面にハーフラバー(ビブラム#7673)を貼り合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工します。

仕上げを行う為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行う為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

これで、MOTOのレザーソール張替えは完了です。

これで、MOTOのレザーソール張替えは完了です。

Berluti オールソール

・ノルベージェ製法

今回のご紹介は、ベルルッティのソール張替え例です。 原因はわかりませんが、レザーソールがパックリと割れてしまったので、同じようにソールを張り替えてほしいとのオーダーです。

今回のご紹介は、ベルルッティのソール張替え例です。
原因はわかりませんが、レザーソールがパックリと割れてしまったので、同じようにソールを張り替えてほしいとのオーダーです。

現在のレザーソールを剥がすため、まずはヒールを分解除去します。

現在のレザーソールを剥がすため、まずはヒールを分解除去します。

ミッドソールと縫込んでいる糸を切り、アウトソールを剥がします。

ミッドソールと縫込んでいる糸を切り、アウトソールを剥がします。

次に、アッパー(甲革)の縁と縫いこんでいる糸を切りミッドソールを剥がします。

次に、アッパー(甲革)の縁と縫いこんでいる糸を切りミッドソールを剥がします。

ソールをすべて剥がした状態です。

ソールをすべて剥がした状態です。

ここからは、新たに靴底を作成していきます。 アッパー(甲革)の縁とミッドソールを縫い合わせていきます。 ギリギリの縫い代ですので、従来の針穴を拾いながら慎重に手縫いで行います。

ここからは、新たに靴底を作成していきます。
アッパー(甲革)の縁とミッドソールを縫い合わせていきます。
ギリギリの縫い代ですので、従来の針穴を拾いながら慎重に手縫いで行います。

ミッドソールとの縫い合わせは完了です。

ミッドソールとの縫い合わせは完了です。

次に、アウトソールはイタリアレザーを貼り合わせ、形成加工しミッドソールの縁と縫い合わせます。 この際、縫い合わせる部分の革を掻き起して行います。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で縫込み糸を隠す仕上げ方法です。

次に、アウトソールはイタリアレザーを貼り合わせ、形成加工しミッドソールの縁と縫い合わせます。
この際、縫い合わせる部分の革を掻き起して行います。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で縫込み糸を隠す仕上げ方法です。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。 *縫込み糸が擦り切れにくく、見た目もスッキリとします。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。
*縫込み糸が擦り切れにくく、見た目もスッキリとします。

ここからは、ヒールを作成していきます。 まずは、革を積み上げ形成加工します。

ここからは、ヒールを作成していきます。
まずは、革を積み上げ形成加工します。

積み上げた革にトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

積み上げた革にトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

横から見るとこんな感じです。 *トップリフト(接地面の部材)はダイナイトラスターとイタリアレザーを組み合わせた部材を使用してみました。

横から見るとこんな感じです。
*トップリフト(接地面の部材)はダイナイトラスターとイタリアレザーを組み合わせた部材を使用してみました。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施します。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施します。

これで、ベルルッティのソール張替えは完了です。

これで、ベルルッティのソール張替えは完了です。