MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Santoni オールソール

・マッケイ製法

今回はサントーニのソール張替え例をご紹介します。

今回はサントーニのソール張替え例をご紹介します。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 プラスティック製のムカデ形状のシャンク(靴の反りを保つ部品)が折れてしまっている状態です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
プラスティック製のムカデ形状のシャンク(靴の反りを保つ部品)が折れてしまっている状態です。

折れたシャンク(靴の反りを保つ部品)は取り除き、スティール製のシャンクを取付けます。

折れたシャンク(靴の反りを保つ部品)は取り除き、スティール製のシャンクを取付けます。

スティールシャンクにコルクを被せ、ムカデ形状に似せて作成します。

スティールシャンクにコルクを被せ、ムカデ形状に似せて作成します。

ゲージを取ったイタリアレザーをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。

ゲージを取ったイタリアレザーをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。

ヒールは革を積み上げ、形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、形成加工します。

更にトップリフト(接地面の部材)を合わせてヒールを形成加工します。

更にトップリフト(接地面の部材)を合わせてヒールを形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒール上部には飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒール上部には飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

レザーソール底面の表面仕上げも行い完成です。

レザーソール底面の表面仕上げも行い完成です。

FLORSHEIM オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、フローシャイムのソール張替え例です。 ウエルトとソールを縫い合わせている糸が擦り切れ、レザーソールが剥がれてしまっている状態です。

今回のご紹介は、フローシャイムのソール張替え例です。
ウエルトとソールを縫い合わせている糸が擦り切れ、レザーソールが剥がれてしまっている状態です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取っていきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。 レザーソールの縫い合わせるラインに溝を掘り、改めてウエルトと縫い合わせを行い固定します。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。
レザーソールの縫い合わせるラインに溝を掘り、改めてウエルトと縫い合わせを行い固定します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

コバ(ソール側面)廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソール底面も標準仕上げを施し完成です。

ソール底面も標準仕上げを施し完成です。

EDWARD GREEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

古いコルクを取り除くと、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)が遊んでいる状態でしたので固定しておきます。

古いコルクを取り除くと、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)が遊んでいる状態でしたので固定しておきます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 つま先部分はラバー加工をしてほしいとのオーダーでしたので、その部分は前もって研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
つま先部分はラバー加工をしてほしいとのオーダーでしたので、その部分は前もって研削しておきます。

ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

予め研削しておいたつま先部分に、ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 尚、コバ(ソール側面)の踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
尚、コバ(ソール側面)の踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソール底面も表面仕上げを施し完了です。

ソール底面も表面仕上げを施し完了です。

GUCCI オールソール

・マッケイ製法

今回は、グッチのソール張替え例をご紹介します。

今回は、グッチのソール張替え例をご紹介します。

ヒールを分解除去し、レザーソールと中底を縫い込んでいる糸を切りソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールと中底を縫い込んでいる糸を切りソールを剥がします。

アッパー(甲革)中底側に残る糸は抜き取り、形成加工したイタリアレザーを貼り合わせ、改めて中底と縫い合わせます。

アッパー(甲革)中底側に残る糸は抜き取り、形成加工したイタリアレザーを貼り合わせ、改めて中底と縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けます。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面にはブラックでステイン加工(染色)を施します。 *底面のステイン加工はオプション仕上げです。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面にはブラックでステイン加工(染色)を施します。
*底面のステイン加工はオプション仕上げです。

レザーソール底面もブラックでステイン加工(染色)を施し完了です。 *ソール底面のステイン加工はオプション仕上げです。

レザーソール底面もブラックでステイン加工(染色)を施し完了です。
*ソール底面のステイン加工はオプション仕上げです。