MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Otsuka オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、大塚製靴のソール張替え例です。 オーダー内容はイタリアレザーを使用し、縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で、つま先ラバー加工を行うというものです。

今回のご紹介は、大塚製靴のソール張替え例です。
オーダー内容はイタリアレザーを使用し、縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で、つま先ラバー加工を行うというものです。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせている糸を切って、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせている糸を切って、レザーソールを剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

ウエルト側に残る縫込み糸は抜き取っておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、縫い合わせる部分の革を掻き起した上でウエルトとソールを縫い合わせます。 また、ラバーチップの取付部分は研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、縫い合わせる部分の革を掻き起した上でウエルトとソールを縫い合わせます。
また、ラバーチップの取付部分は研削しておきます。

掻き起した革を貼り戻し、縫い目を隠します。 これがチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起した革を貼り戻し、縫い目を隠します。
これがチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

つま先部分にラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

つま先部分にラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)も貼り合わせ形成加工し作成します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)も貼り合わせ形成加工し作成します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

踏まず部分は従来同様、丸コバ仕上げを施しています。

踏まず部分は従来同様、丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、接地表面の仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、接地表面の仕上げを施します。

レザーソールの表面仕上げも施し完成です。

レザーソールの表面仕上げも施し完成です。

MITSUKOSHI オールソール/シャンク鳴りがする件

・マッケイ製法

今回のご紹介は、三重県からご依頼いただきました三越ブランドシューズの修理例です。 歩いているとシャンク鳴りがするという事で、オールソールの際にチェック改善してほしいとのご依頼です。

今回のご紹介は、三重県からご依頼いただきました三越ブランドシューズの修理例です。
歩いているとシャンク鳴りがするという事で、オールソールの際にチェック改善してほしいとのご依頼です。

まずはヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。

まずはヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。

シャンク(踏まず部分に取り付けている靴の反りを保つ部品)をチェックしますが、折れや遊びもなくしっかり固定されています。 ただ、甲革の中底裏への巻き込み部分に剥がれが見られ、音鳴りの一因となり得るため貼り合わせておきます。

シャンク(踏まず部分に取り付けている靴の反りを保つ部品)をチェックしますが、折れや遊びもなくしっかり固定されています。
ただ、甲革の中底裏への巻き込み部分に剥がれが見られ、音鳴りの一因となり得るため貼り合わせておきます。

中底とソールを縫い合わせていた糸は抜き取っておきます。

中底とソールを縫い合わせていた糸は抜き取っておきます。

ソールはお客様の指定で、ドイツJ.レンデンバッハ社の最高級オークバークを使用し、縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)を行います。

ソールはお客様の指定で、ドイツJ.レンデンバッハ社の最高級オークバークを使用し、縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)を行います。

更にハーフラバー加工を行い、踏まず部分底面はブラックでステイン加工も行います。

更にハーフラバー加工を行い、踏まず部分底面はブラックでステイン加工も行います。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)もJRダヴリフトを貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)もJRダヴリフトを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

お客様の指定でコバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

お客様の指定でコバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面はブラックでステイン加工を施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面はブラックでステイン加工を施します。

これで、ソールの張替えは完了です。 シャンク鳴り(キシミ音)の原因は定かではありませんが、通常よりも比較的高いヒールのスタイルであるため、踏まず部分に負荷がかかりやすい状態ですので時間の経過と共にヒールの付け根辺りで多少のずれが生じ、キシミ音がする可能性が考えられます。

これで、ソールの張替えは完了です。
シャンク鳴り(キシミ音)の原因は定かではありませんが、通常よりも比較的高いヒールのスタイルであるため、踏まず部分に負荷がかかりやすく、時間の経過と共にヒールの付け根辺りから踏まず部分でソールと中底に多少のずれが生じ、キシミ音がする可能性が考えられます。

CROCKETT&JONES グッドイヤーウエルトから交換

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。

グッドイヤーウエルトがアッパー(甲革)との縫い目部分からチギレているようです。

グッドイヤーウエルトがアッパー(甲革)との縫い目部分からチギレているようです。

ヒールを分解除去しレザーソールを剥がすと、やはりグッドイヤーウエルトは縫い目部分から完全にチギレていました。

ヒールを分解除去しレザーソールを剥がすと、やはりグッドイヤーウエルトは縫い目部分から完全にチギレていました。

更にコルクを取り除くとウッドシャンクも完全に折れていました。 *ウッドシャンクとは 踏まず部分に取り付けられている靴の反りを保つ木製の部品です。

更にコルクを取り除くとウッドシャンクも完全に折れていました。
*ウッドシャンクとは
踏まず部分に取り付けられている靴の反りを保つ木製の部品です。

古いグッドイヤーウエルトは取り除いて行きます。

古いグッドイヤーウエルトは取り除いて行きます。

グッドイヤーウエルトをすべて取り除いた状態です。

グッドイヤーウエルトをすべて取り除いた状態です。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)と縫い合わせていきます。 この際、アッパー(甲革)を傷めないように従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)と縫い合わせていきます。
この際、余分な穴を開けアッパー(甲革)を傷めないように従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせた状態です。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせた状態です。

折れていたシャンクも取り外し、新しいウッドシャンクに交換します。

折れていたシャンクも取り外し、新しいウッドシャンクに交換します。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。

グッドイヤーウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

「修理前と同じハーフラバー加工を」とのオーダーでしたので、同じビブラム#2340を貼り合わせ形成加工します。

「修理前と同じハーフラバー加工を」とのオーダーでしたので、同じビブラム#2340を貼り合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)も同じビブラム#5342を貼り合わせ形成加工して作成します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)も同じビブラム#5342を貼り合わせ形成加工して作成します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

これで、チギレてしまったグッドイヤーウエルトからレザーソール交換までの作業は完了です。

これで、チギレてしまったグッドイヤーウエルトからレザーソール交換までの作業は完了です。

Santoni オールソール

・マッケイ製法

今回のご紹介は、サントーニのソール張替え例です。

今回のご紹介は、サントーニのソール張替え例です。

ヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。 マッケイ製法のシューズではあまりないのですが、きちんと薄くコルクを埋めています。

ヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。
マッケイ製法のシューズではあまりないのですが、きちんと薄くコルクを埋めています。

中底がバキバキに割れ、突起状に変形しています。 このままでは違和感があり過ぎて履けません。

中底がバキバキに割れ、突起状に変形しています。
このままでは違和感があり過ぎて履けません。

新しく中底をレザーで作成します。

新しく中底をレザーで作成します。

新しい中底を戻します。

新しい中底を戻します。

新たにコルクを薄く埋めます。

新たにコルクを薄く埋めます。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを巻きソールを作成します。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを巻きソールを作成します。

イタリアレザーを貼り合わせ、中底とソールを縫い合わせます。

イタリアレザーをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底とソールを縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせて形成加工し作成します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせて形成加工し作成します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

イタリアレザーも表面仕上げを施し完成です。

イタリアレザーも表面仕上げを施し完成です。