MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

一般修理について

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Tricker’s トップリフト交換

今回のご紹介は、トリッカーズのトップリフト(接地面の部材)交換例です。 擦り減ったグッドイヤーヒールの交換です。

今回のご紹介は、トリッカーズのトップリフト(接地面の部材)交換例です。
擦り減ったグッドイヤーヒールの交換です。

擦り減ったグッドイヤーヒールを土台の積革部分からから剥がします。

擦り減ったグッドイヤーヒールを土台の積革部分からから剥がします。

新しいグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

新しいグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

これで、グッドイヤーヒールの交換は完了です。

これで、グッドイヤーヒールの交換は完了です。

CHEANEY トップリフト交換

今回のご紹介は、チーニーの修理例です。 擦り減ったトップリフトの交換を行います。

今回のご紹介は、チーニーの修理例です。
擦り減ったトップリフトの交換を行います。

トップリフト(接地面の部材)を剥がします。

トップリフト(接地面の部材)を剥がします。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。 ・今回使用する部材は、ダイナイトのラスターとイタリアレザーのコンビリフトです。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。
・今回使用する部材は、ダイナイトのラスターとイタリアレザーのコンビリフトです。

仕上げを行なう為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、ヒール廻りを研磨します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けています。

これでチーニーのトップリフト(接地面の部材)交換は完了です。

これでチーニーのトップリフト(接地面の部材)交換は完了です。

Church’s レザーソールのつま先保護

今回はチャーチの修理例をご紹介します。 レザーソールの一番擦り減りやすいつま先に、ビンテージトウスティールを取付け保護したいとのオーダーです。

今回はチャーチの修理例をご紹介します。
レザーソールの一番擦り減りやすいつま先に、ビンテージトウスティールを取付け保護したいとのオーダーです。

取付部分を研削し、ビンテージトウスティールを取付けます。

取付部分を研削し、ビンテージトウスティールを取付けます。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビンテージトウスティールの取付は完了です。

これで、ビンテージトウスティールの取付は完了です。

ALDEN トップリフト交換

今回のご紹介は、オールデンのトップリフト(接地面の部材)交換例です。

今回のご紹介は、オールデンのトップリフト(接地面の部材)交換例です。

現状のトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

現状のトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

仕上げの為、ヒール側面を研磨します。

仕上げの為、ヒール側面を研磨します。

ヒール側面を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール側面を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフトには飾り釘を打ち、ステイン加工(染色)を施しています。 *底面のステイン加工(染色)はオプションです。

トップリフトには飾り釘を打ち、ステイン加工(染色)を施しています。
*底面のステイン加工(染色)はオプションです。

これで、トップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。

これで、トップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。