MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

一般修理について

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

LANVIN 擦り減り過ぎたヒールの修復

今回は、ランバンの擦り減り過ぎたヒールの修復例をご紹介します。

今回は、ランバンの擦り減り過ぎたヒールの修理例をご紹介します。

トップリフト(接地面の部材)の擦り減りを通り越し、ヒールの積み上げ部分もかなり擦り減った状態です。

トップリフト(接地面の部材)の擦り減りを通り越し、ヒールの積み上げ部分もかなり擦り減った状態です。

トップリフト(接地面の部材)を剥がします。

トップリフト(接地面の部材)を剥がします。

後ろから見るとこんな状態です。

後ろから見るとこんな状態です。

擦り減った部分に革を継ぎ足し形成加工します。

擦り減った部分に革を継ぎ足し形成加工します。

継ぎ足した積革部分をフラットに仕上げます。

継ぎ足した積革部分をフラットに仕上げます。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

後ろから見るとこんな感じです。

後ろから見るとこんな感じです。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 *ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ手法です。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
*ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ手法です。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面にはステイン加工(染色)を施しています。 *底面のステイン加工はオプション仕上げです。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、底面にはステイン加工(染色)を施しています。
*底面のステイン加工はオプション仕上げです。

これで、擦り減り過ぎたヒールの修復は完了です。

これで、擦り減り過ぎたヒールの修復は完了です。

UNION IMPERIAL つま先ラバー加工・トップリフト交換

今回は、ユニオンインペリアルの修理例をご紹介します。

今回は、ユニオンインペリアルの修理例をご紹介します。

まず、つま先の擦り減りをラバーチップで修理。

修理内容は、つま先の擦り減りをラバーチップで修理。

そして、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)の交換です。

また、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)の交換です。

擦り減ったレザーのつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

まず、擦り減ったレザーのつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

そして、コバ(ソール側面)廻りを研磨します。

そして、コバ(ソール側面)廻りを研磨します。

次に、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

次に、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 尚、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
尚、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。 *トップリフト(接地面の部材)底面のステイン加工(染色)はオプション仕上げです。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。
*トップリフト(接地面の部材)底面のステイン加工(染色)はオプション仕上げです。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

つま先底面は通常仕上げを行ないます。

つま先底面は通常仕上げを行ないます。

これで、つま先ラバー加工及びトップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。

これで、つま先ラバー加工及びトップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。

Jalan Sriwijaya レザーソールの保護

今回は、ジャランスリウァヤのレザーソール保護手法をご紹介します。 一番擦り減りやすいつま先部分はビンテージトウスティールを取付け、その他の接地面はハーフラバー加工を行うというものです。

今回は、ジャランスリウァヤのレザーソール保護手法をご紹介します。
これは、履き下ろす前に行うことをお勧めします。

一番擦り減りやすいつま先部分はビンテージトウスティールを取付け、その他の接地面はハーフラバー加工を行います。

一番擦り減りやすいつま先部分はビンテージトウスティールを取付け、その他の接地面はハーフラバー加工を行いレザーソールを保護します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールの保護作業は完了です。

これで、レザーソールの保護作業は完了です。

Tricker’s トップリフト交換

今回のご紹介は、トリッカーズのトップリフト(接地面の部材)交換例です。 擦り減ったグッドイヤーヒールの交換です。

今回のご紹介は、トリッカーズのトップリフト(接地面の部材)交換例です。
擦り減ったグッドイヤーヒールの交換です。

擦り減ったグッドイヤーヒールを土台の積革部分からから剥がします。

擦り減ったグッドイヤーヒールを土台の積革部分からから剥がします。

新しいグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

新しいグッドイヤーヒールを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒールサイドの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

これで、グッドイヤーヒールの交換は完了です。

これで、グッドイヤーヒールの交換は完了です。