Santoni オールソール

・マッケイ製法

今回のご紹介は、サントーニのソール張替え例です。

今回のご紹介は、サントーニのソール張替え例です。

ヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。 マッケイ製法のシューズではあまりないのですが、きちんと薄くコルクを埋めています。

ヒールを分解除去し、ソールと中底を縫い合わせている糸を切りレザーソールを剥がします。
マッケイ製法のシューズではあまりないのですが、きちんと薄くコルクを埋めています。

中底がバキバキに割れ、突起状に変形しています。 このままでは違和感があり過ぎて履けません。

中底がバキバキに割れ、突起状に変形しています。
このままでは違和感があり過ぎて履けません。

新しく中底をレザーで作成します。

新しく中底をレザーで作成します。

新しい中底を戻します。

新しい中底を戻します。

新たにコルクを薄く埋めます。

新たにコルクを薄く埋めます。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを巻きソールを作成します。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを巻きソールを作成します。

イタリアレザーを貼り合わせ、中底とソールを縫い合わせます。

イタリアレザーをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底とソールを縫い合わせます。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせて形成加工し作成します。

ヒールは革を積み上げ形成加工し、トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせて形成加工し作成します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色し、ロウ引き仕上げを施します。

踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

イタリアレザーも表面仕上げを施し完成です。

イタリアレザーも表面仕上げを施し完成です。