Campanile オールソール

・マッケイ製法からブラックラピッド製法に変更してソール交換

今回のご紹介は、鹿児島県からご依頼いただきましたカンパニーレのソール張替え例です。 現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、鹿児島県からご依頼いただきましたカンパニーレのソール張替え例です。
現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、中底とソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、中底とソールを縫い合わせている糸を切ってレザーソールを剥がします。

中底側に残る縫込み糸は抜き取ります。

中底側に残る縫込み糸は抜き取ります。

まずは、コマンドソールの土台となるミッドソール(二枚目のソール)を 薄手のレザーソールにマッケイウエルトを貼り合わせ作成します。

まずは、コマンドソールの土台となるミッドソール(二枚目のソール)を
薄手のレザーソールにマッケイウエルトを貼り合わせ作成します。

作成したミッドソール(二枚目のソール)をアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。 この段階まではマッケイ製法の手法です。

作成したミッドソール(二枚目のソール)をアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。
この段階まではマッケイ製法の手法です。

ミッドソール(二枚目のソール)にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。 更に、張り出したマッケイウエルト部分とコマンドソールを縫込みます。 この段階はグッドイヤーウエルト製法の手法で、この様にマッケイ製法とグッドイヤー製法を組み合わせた手法がブラックラピッド製法です。

ミッドソール(二枚目のソール)にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。
更に、張り出したマッケイウエルト部分とコマンドソールを縫込みます。
この段階はグッドイヤーウエルト製法の手法で、この様にマッケイ製法とグッドイヤー製法を組み合わせた手法がブラックラピッド製法です。

コマンドヒールを取付けます。

コマンドヒールを取付けます。

仕上げの為、コバ(ソール側面)・ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)・ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)・ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)・ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。 この様な手法でソール交換すれば、次回のソール張替えの際はミッドソール(二枚目のソール)はそのままに、他の色んなソールに張替える事が可能です。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。
この様な手法でソール交換すれば、次回のソール張替えの際はミッドソール(二枚目のソール)はそのままに、他の色んなソールに張替える事が可能です。