ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、オールデンのソール張替え例をご紹介します。 イタリアレザーでのソール交換です。

今回は、オールデンのソール張替え例をご紹介します。
イタリアレザーでのソール交換です。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸を切り、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸を切り、レザーソールを剥がします。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとレザーソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソールの表面仕上げも施し、オールデンらしく飾り車でギザ模様を付けてみました。

ソールの表面仕上げも施し、オールデンらしく飾り車でギザ模様を付けてみました。

これで、イタリアレザーでのソール交換は完了です。

これで、イタリアレザーでのソール交換は完了です。