FLORSHEIM オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、沖縄県は宮古島からご依頼いただきましたフローシャイムのソール張替え例です。 このご依頼は通常のソール張替えにとどまらず、中底(インソール)の交換も行いたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、沖縄県は宮古島からご依頼いただきましたフローシャイムのソール張替え例です。
このご依頼は通常のソール張替えにとどまらず、中底(インソール)の交換も行いたいとのオーダーです。

まず、ヒールを分解除去しアウトソールを剥がします。

まず、ヒールを分解除去しアウトソールを剥がします。

ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。 すると、コルク・シャンク(靴の反りを保つ部品)が出てきます。

ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。
すると、コルク・シャンク(靴の反りを保つ部品)が出てきます。

コルク・シャンク(靴の反りを保つ部品)を取り除きます。 また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

コルク・シャンク(靴の反りを保つ部品)を取り除きます。
また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

中底(インソール)を取り外します。

中底(インソール)を取り外します。

ゲージを取り、新しい中底(インソール)を作成して取付固定します。

ゲージを取り、新しい中底(インソール)を作成して取付固定します。

シャンク(靴の反りを保つ部品)を取付け、新しいコルクを埋めます。

シャンク(靴の反りを保つ部品)を取付け、新しいコルクを埋めます。

新しいミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

新しいミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

アウトソールは、英国最高級オークバーク・J&F.Jバーカーレザーソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトソールを縫い合わせます。

アウトソールは、英国最高級オークバーク・J&F.Jバーカーレザーソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトソールを縫い合わせます。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

ヒールの作成は、まず革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)も英国製ダヴリフトを貼り合わせ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)も英国製ダヴリフトを貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

コバ(ソール側面)廻りも研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソール底面も表面仕上げを施し、オールデンぽく飾り車でギザ模様を付けてみました。

ソール底面も表面仕上げを施し、オールデンぽく飾り車でギザ模様を付けてみました。

これで、中底(インソール)の交換を含むソールの張替えは完了です。

これで、中底(インソール)の交換を含むソールの張替えは完了です。