EDWARD GREEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

古いコルクを取り除くと、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)が遊んでいる状態でしたので固定しておきます。

古いコルクを取り除くと、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)が遊んでいる状態でしたので固定しておきます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 つま先部分はラバー加工をしてほしいとのオーダーでしたので、その部分は前もって研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
つま先部分はラバー加工をしてほしいとのオーダーでしたので、その部分は前もって研削しておきます。

ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

予め研削しておいたつま先部分に、ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)も研磨します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 尚、コバ(ソール側面)の踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
尚、コバ(ソール側面)の踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、表面仕上げを施します。

ソール底面も表面仕上げを施し完了です。

ソール底面も表面仕上げを施し完了です。