UNION IMPERIAL つま先ラバー加工・トップリフト交換

今回は、ユニオンインペリアルの修理例をご紹介します。

今回は、ユニオンインペリアルの修理例をご紹介します。

まず、つま先の擦り減りをラバーチップで修理。

修理内容は、つま先の擦り減りをラバーチップで修理。

そして、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)の交換です。

また、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)の交換です。

擦り減ったレザーのつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

まず、擦り減ったレザーのつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ形成加工します。

そして、コバ(ソール側面)廻りを研磨します。

そして、コバ(ソール側面)廻りを研磨します。

次に、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

次に、擦り減ったトップリフト(接地面の部材)を剥がします。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

新しいトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 尚、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
尚、ヒール上部廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。 *トップリフト(接地面の部材)底面のステイン加工(染色)はオプション仕上げです。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。
*トップリフト(接地面の部材)底面のステイン加工(染色)はオプション仕上げです。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

つま先底面は通常仕上げを行ないます。

つま先底面は通常仕上げを行ないます。

これで、つま先ラバー加工及びトップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。

これで、つま先ラバー加工及びトップリフト(接地面の部材)の交換は完了です。