Jalan Sriwijaya オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたジャランスリウァヤのソール張替え例です。 イタリアナチュラルレザーで張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたジャランスリウァヤのソール張替え例です。
イタリアナチュラルレザーで張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 ジャランスリウァヤの場合、中のコルクは崩れるケースがほとんどです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
ジャランスリウァヤの場合、中のコルクは崩れるケースがほとんどです。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。(ウエルトに残る縫込み糸は抜き取っておきます)

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工します。

イタリアナチュラルレザーを貼り合わせ形成加工します。

ウエルトとレザーソールを縫込むラインに溝を掘ります。

ウエルトとレザーソールを縫込むラインに溝を掘ります。

ウエルトとソールを縫い合わせます。

ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは、まず、革を積み上げ形成加工します。

ヒールは、まず、革を積み上げ形成加工します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

トップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

横から見るとこんな感じです。

横から見るとこんな感じです。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施し、上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施し、上部には飾り車でギザ模様を付けます。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)も染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
踏まず部分は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

レザーソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を施し、踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を施すツートンカラーで仕上げています。

レザーソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を施し、踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を施すツートンカラーの仕上げを行っています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施しています。

レザーソール底面の全体像はこんな感じになります。

レザーソール底面の全体像はこんな感じになります。

これで、ジャランスリウァヤのソール張替えは完了です。

これで、ジャランスリウァヤのレザーソール張替えは完了です。