foot the coacher オールソール

・グッドイヤーウエルト製法

今回のご紹介は、フットザコーチャーのソール張替え例です。

今回のご紹介は、フットザコーチャーのソール張替え例です。

サイズが大きい上に、これだけのソールの厚みで靴が曲がらず歩きにくいとの事。 ご相談の結果、ビブラム#2055ソールに張替える事になりました。

サイズが大きい上に、これだけのソールの厚みで靴が曲がりにくく歩きにくいとの事。
ご相談の結果、ビブラム#2055ソールに張替える事になりました。

アウトソール及びウェッジソール・ミッドソールを剥がします。

アウトソール及びウェッジソール・ミッドソールを剥がします。

中のコルクは崩れる状態となっていましたので取り除きます。

中のコルクは崩れる状態となっていましたので取り除きます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールは、革を積み上げビブラム#2055ヒールを合わせて形成加工します。

ヒールは、革を積み上げビブラム#2055ヒールを合わせて形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 このソールの厚みであれば問題無く靴は曲がってくれると思います。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
このソールの厚みであれば問題無く靴は曲がってくれると思います。

これで、ビブラム#2055でのソールの張替えは完了です。

これで、ビブラム#2055でのソールの張替えは完了です。