Berluti オールソール

・ノルベージェ製法

今回のご紹介は、ベルルッティのソール張替え例です。 原因はわかりませんが、レザーソールがパックリと割れてしまったので、同じようにソールを張り替えてほしいとのオーダーです。

今回のご紹介は、ベルルッティのソール張替え例です。
原因はわかりませんが、レザーソールがパックリと割れてしまったので、同じようにソールを張り替えてほしいとのオーダーです。

現在のレザーソールを剥がすため、まずはヒールを分解除去します。

現在のレザーソールを剥がすため、まずはヒールを分解除去します。

ミッドソールと縫込んでいる糸を切り、アウトソールを剥がします。

ミッドソールと縫込んでいる糸を切り、アウトソールを剥がします。

次に、アッパー(甲革)の縁と縫いこんでいる糸を切りミッドソールを剥がします。

次に、アッパー(甲革)の縁と縫いこんでいる糸を切りミッドソールを剥がします。

ソールをすべて剥がした状態です。

ソールをすべて剥がした状態です。

ここからは、新たに靴底を作成していきます。 アッパー(甲革)の縁とミッドソールを縫い合わせていきます。 ギリギリの縫い代ですので、従来の針穴を拾いながら慎重に手縫いで行います。

ここからは、新たに靴底を作成していきます。
アッパー(甲革)の縁とミッドソールを縫い合わせていきます。
ギリギリの縫い代ですので、従来の針穴を拾いながら慎重に手縫いで行います。

ミッドソールとの縫い合わせは完了です。

ミッドソールとの縫い合わせは完了です。

次に、アウトソールはイタリアレザーを貼り合わせ、形成加工しミッドソールの縁と縫い合わせます。 この際、縫い合わせる部分の革を掻き起して行います。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で縫込み糸を隠す仕上げ方法です。

次に、アウトソールはイタリアレザーを貼り合わせ、形成加工しミッドソールの縁と縫い合わせます。
この際、縫い合わせる部分の革を掻き起して行います。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)で縫込み糸を隠す仕上げ方法です。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。 *縫込み糸が擦り切れにくく、見た目もスッキリとします。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。
*縫込み糸が擦り切れにくく、見た目もスッキリとします。

ここからは、ヒールを作成していきます。 まずは、革を積み上げ形成加工します。

ここからは、ヒールを作成していきます。
まずは、革を積み上げ形成加工します。

積み上げた革にトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

積み上げた革にトップリフト(接地面の部材)を貼り合わせ形成加工します。

横から見るとこんな感じです。 *トップリフト(接地面の部材)はダイナイトラスターとイタリアレザーを組み合わせた部材を使用してみました。

横から見るとこんな感じです。
*トップリフト(接地面の部材)はダイナイトラスターとイタリアレザーを組み合わせた部材を使用してみました。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

トップリフト(接地面の部材)には飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施します。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施します。

これで、ベルルッティのソール張替えは完了です。

これで、ベルルッティのソール張替えは完了です。