GEORGE CLEVERLEY オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、ジョージクレバリーのソール張替え例のご紹介です。 オーダーはイタリアレザーを使用し、チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)・ステイン加工(染色)を行うとの内容です。

今回は、ジョージクレバリーのソール張替え例のご紹介です。
オーダーはイタリアレザーを使用し、チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)・ステイン加工(染色)を行うとの内容です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。 また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。
また、ウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。 隠し縫いを行なう為、縫込む部分の革を掻き起した上でウエルトとレザーソールを縫い込みます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。
隠し縫いを行なう為、縫込む部分の革を掻き起した上でウエルトとレザーソールを縫い込みます。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工しヒールを作成します。

革を積み上げ、トップリフト(接地面の部材)を合わせて形成加工しヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。コバ(ソール側面)の踏まず部分は元々と同様に丸コバ仕上げを施しています。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒールのトップリフト(接地面の部材)は飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を行います。

ヒールのトップリフト(接地面の部材)は飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工(染色)を行います。

レザーソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を行います。

レザーソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を行います。

これで、ジョージクレバリーのソール張替えは完了です。

これで、ジョージクレバリーのソール張替えは完了です。