Frank Thomas カスタマイズ例

・セメント製法⇒ブラックラピッド製法

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたフランクトーマスの修理例です。 現状のシンプルなラバーソールをブラックラピッド製法でコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。 同時に、インソールとシャンク(靴の反りを保つ部品)も交換しておいてほしいとの事です。

今回のご紹介は、東京都からご依頼いただきましたフランクトーマスの修理例です。
現状のシンプルなラバーソールをブラックラピッド製法でコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。
同時に、インソールとシャンク(靴の反りを保つ部品)も交換しておいてほしいとの事です。

まずは、現状のラバーソールを剥がします。 接着剤で貼り合わせているだけのセメント製法のスタイルです。

まずは、現状のラバーソールを剥がします。
接着剤で貼り合わせているだけのセメント製法のスタイルです。

そして、インソールも取り除きます。

そして、インソール(中底)も取り除きます。

ゲージを取り、新しいインソール(中底)を取付けます。

ゲージを取り、新しいインソール(中底)を作成して取付けます。

踏まず部分に新しいシャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

踏まず部分に新しいシャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成する為、レザーミッドソールとマッケイ用ウエルトを用意します。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成する為、レザーミッドソールとマッケイ用ウエルトを用意します。

ゲージを取り、マッケイ用ウエルトを巻きミッドソールを作成します。

ゲージを取り、マッケイ用ウエルトを巻きミッドソールを作成します。

アッパー(甲革)から張り出すマッケイウエルト部分はブラックで染色しておきます。

アッパー(甲革)から張り出すマッケイウエルト部分はブラックで染色しておきます。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせます。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせます。

ミッドソールと中底を縫い合わせ固定します。 これで、コマンドソールの土台は出来ました。 この段階まではマッケイ製法のスタイルです。

ミッドソールと中底を縫い合わせ固定します。
これで、コマンドソールの土台は出来ました。
この段階まではマッケイ製法の工程です。

出来上がったミッドソールの上にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。

出来上がったミッドソールの上にコマンドソールを貼り合わせ形成加工します。

コマンドソールとアッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルトを縫い合わせ固定します。 この段階は、グッドイヤーウエルト製法と同じ工程です。 このように、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を合わせたスタイルがブラックラピッド製法です。

コマンドソールとアッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルトを縫い合わせ固定します。
この段階は、グッドイヤーウエルト製法と同じ工程です。
このように、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を合わせたスタイルがブラックラピッド製法です。

コマンドヒールを取付け、形成加工します。

コマンドヒールを取付け、形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りをブラックで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りをブラックで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、シンプルなラバーソールからがっしりとしたコマンドソールでのカスタマイズ修理は完了です。 このように、ブラックラピッド製法で行っておきますと、次回のオールソールの際には土台のミッドソールは残したままコマンドソールの部分だけを張り替えれるようになりますので、他の色んなソールに張替える事も可能です。

これで、シンプルなラバーソールからがっしりとした重厚感のあるコマンドソールでのカスタマイズ修理は完了です。
このように、ブラックラピッド製法で行っておきますと、次回のオールソールの際には土台のミッドソールは残したまま、コマンドソールの部分だけを張り替えれるようになりますので、他の様々なソールに張替える事も可能です。