ALDEN グッドイヤーウエルトの交換

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。

このシューズの場合、特に踵廻りのウエルト部分で縫い代が無い状態まで痩せており、グッドイヤーウエルトの交換が必要と判断されます。 これは、ヒール部分の修理やオールソールを繰り返し行う間に少しずつ痩せていったものと思われます。

このシューズの場合、特に踵廻りのウエルト部分で縫い代が無い状態まで痩せており、グッドイヤーウエルトの交換が必要と判断されます。
これは、ヒール部分の修理やオールソールを繰り返し行う間に少しずつ痩せていったものと思われます。

ヒールを分解除去し、アウトソール(接地面のレザーソール)を剥がします。 ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ヒールを分解除去し、アウトソール(接地面のレザーソール)を剥がします。
ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。

オールデン特有の極太スティールシャンク(靴の反りを保つ金属製部品)とコルクと取り除きます。

オールデン特有の極太スティールシャンク(靴の反りを保つ金属製部品)とコルクを取り除きます。

アッパー(甲革)と縫い合わせているグッドイヤーウエルトも取り除いていきます。

アッパー(甲革)と縫い合わせているグッドイヤーウエルトも取り除いていきます。

グッドイヤーウエルトを取り除いたアッパー(甲革)の状態です。

グッドイヤーウエルトを取り除いたアッパー(甲革)の状態です。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い付けていきます。 この際、従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせていきます。 これは、新たに余分な針孔を開けてしまい、アッパー(甲革)が裂けやすくなったりしないようにするためです。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い付けていきます。
この際、従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせていきます。
これは、新たに余分な針孔を開けてしまい、アッパー(甲革)が裂けやすくなったりしないようにするためです。

グッドイヤーウエルトを縫い付け、新しいコルクを埋めて踏まず部分にシャンク(靴の反りを保つ部品)も取付けます。

グッドイヤーウエルトを縫い付け、新しいコルクを埋めて踏まず部分にシャンク(靴の反りを保つ部品)も取付けます。

レザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

レザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

アウトソール(接地面のソール)はイタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

アウトソール(接地面のソール)はイタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

ヒールは、積革をしイタリアレザーとかぎ型ラバーのコンビリフトを合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、イタリアレザーとかぎ型ラバーのコンビリフトを合わせ形成加工します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ソール底面は黒色でステイン加工(染色)を行い、オールデンらしく飾り車でギザ模様もつけています。 これで完了と思いきや、追加でビンテージトウスティールも取付けてほしいとのオーダーです。

ソール底面は黒色でステイン加工(染色)を行い、オールデンらしく飾り車でギザ模様もつけています。
これで完了と思いきや、追加でビンテージトウスティールも取付けてほしいとのオーダーが入りました。

ビンテージトウスティールの取付部分を研削し、面一になるようにして取付します。

ビンテージトウスティールの取付部分を研削し、面一になるようにして取付します。

これで、グッドイヤーウエルトの交換を含むオールソールは完了です。 ブラックのソールにシルバーのビンテージトウスティールが映えますね!

これで、グッドイヤーウエルトの交換を含むオールソールは完了です。
ブラックのソールにシルバーのビンテージトウスティールが映えますね!