MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Tricker’s オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。 現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。
現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールとグッドイヤーウエルトを縫い合わせている糸を切り、アウトソールを剥がします。 ダブルソール構造ですので、アウトソールを剥がすとミッドソール(2枚目のソール)が出ます。

ヒールを分解除去し、レザーソールとグッドイヤーウエルトを縫い合わせている糸を切り、アウトソールを剥がします。
ダブルソール構造ですので、アウトソールを剥がすとミッドソール(2枚目のソール)が出ます。

グッドイヤーウエルトやミッドソール側に残る縫込み糸はキチンと抜き取ります。

グッドイヤーウエルトやミッドソール側に残る縫込み糸はキチンと抜き取ります。

ミッドソールにダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。

ミッドソールにダイナイトソールを貼り合わせ形成加工します。

グッドイヤーウエルトとダイナイトソールを縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトとダイナイトソールを縫い合わせます。

革を積み上げ、ダイナイトヒールを貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

革を積み上げ、ダイナイトヒールを貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 *ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
*ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

foot the coacher カスタマイズ編

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、前回と同じお客様で、別タイプのフットザコーチャーのソール張替えのご相談です。 現状のスポンジソールは滑るので、今回は遊び心をもって違うタイプのソールでカスタマイズしてみようという事になり、色々検討の結果、エンジニアブーツのようなソールにすべくビブラム#100ソールで張り替える事になりました。

今回のご紹介は、前回と同じお客様で、別タイプのフットザコーチャーのソール張替えのご相談です。
現状のスポンジソールでは滑るので、今回は遊び心をもって違うタイプのソールにしてみようという事になり、色々検討の結果、エンジニアブーツのようなソールにすべくビブラム#100ソールで張り替える事になりました。

スポンジソール及びミッドソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態になっています。

スポンジソール及びミッドソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態になっています。

新しいコルクを埋め、ウエルトとミッドソールを縫い合わせて糸は抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、ウエルトとミッドソールを縫い合わせて糸は抜き取っておきます。

ラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

ラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせます。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせます。

ビブラム#100ソールを貼り合わせ、形成加工します。

ビブラム#100ソールを貼り合わせ、形成加工します。

積革を行い、ビブラム#100ヒールをのせヒールを作成します。

積革を行い、ビブラム#100ヒールをのせヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)は黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

アクセントをつける為、ヒール廻りは淡い茶系色のシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

アクセントをつける為、ヒール廻りは淡い茶系色のシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビブラム#100ソールでのカスタマイズ修理は完了です。 スポンジ素材のソールに比べグリップ力は格段に上がり、エンジニアブーツっぽいソールに仕上がりました。

これで、ビブラム#100ソールでのカスタマイズ修理は完了です。
スポンジ素材のソールに比べグリップ力は格段に上がり、エンジニアブーツっぽいソールに仕上がりました。

foot the coacher オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、フットザコーチャーの修理例です。 現状と同じビブラム#2055ソールで張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、フットザコーチャーの修理例です。
現状と同じビブラム#2055ソールで張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっていました。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっていました。

新しいコルクを埋め、グッドイヤーウエルトに残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、グッドイヤーウエルトに残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 #2055ソールはダイナイトソールによく似たパターンですが、厚みや突起の高さ・配置が微妙に異なるビブラム社のソールです。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
#2055ソールはダイナイトソールによく似たパターンですが、厚みや突起の高さ・配置が微妙に異なるビブラム社のソールです。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトは同じくビブラム#2055ヒールで作成します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトは同じくビブラム#2055ヒールで作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビブラム#2055ソールの張替えは完了です。

これで、ビブラム#2055ソールの張替えは完了です。

J.M.WESTON オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回はJ.Mウエストンの修理例をご紹介します。

今回はJ.Mウエストンの修理例をご紹介します。

ソールが剥がれて浮いているとのご相談を伺いました。 よく見ると、ミッドソールと縫い合わせている糸が切れて二枚目のソールから剥がれかけている状態でした。 ご相談の結果、リッジウェイソールに張替える事となりました。

ソールが剥がれて浮いているとのご相談を伺いました。
よく見ると、ミッドソールと縫い合わせている糸が切れて二枚目のソールから剥がれかけている状態でした。
ご相談の結果、リッジウェイソールに張替える事となりました。

アウトソールを剥がします。 すると、外見からは分からなかったのですが、二枚目のミッドソールが炭化したような状態で、つま先辺りで一部崩れてしまいました。

アウトソールを剥がします。
すると、外見からは分からなかったのですが、二枚目のミッドソールが炭化したような状態で、つま先辺りで一部崩れてしまいました。

劣化したミッドソールも剥がします。 中のコルクも劣化している状態となっています。

劣化したミッドソールも剥がします。
中のコルクも劣化している状態となっています。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせていた糸もキッチリと抜き取り、新しいコルクを埋めます。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせていた糸もキッチリと抜き取り、新しいコルクを埋めます。

新しいレザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

新しいレザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

リッジウェイソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

リッジウェイソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

革を積み、リッジウェイヒールと合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

革を積み、リッジウェイヒールと合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを行ないます。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを行ないます。

これでオールソール交換は完了です。 なぜ、ソールが炭化のような状態になったのかはわかりませんが、結果、コルク及びミッドソール(二枚目のソール)の交換を含むオールソールとなりました。

これでオールソール交換は完了です。
何故ソールが炭化したような状態になったのかはわかりませんが、結果、コルク及びミッドソール(二枚目のソール)の交換を含むオールソールとなりました。