MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Blundstone ソール張替え

・セメント製法からブラックラピッド製法で作成

今回は、ブランドストーンのソール張替え例をご紹介します。 ウレタン素材のソールが加水分解し崩れる状態となっています。 オーダーはビブラム#1136でソールを作成する事になりました。

今回は、ブランドストーンのソール張替え例をご紹介します。
ウレタン素材のソールが加水分解し崩れる状態となっています。
オーダーはビブラム#1136でソールを作成する事になりました。

崩れるウレタンソールを剥がした状態です。

崩れるウレタンソールを剥がした状態です。

まずは、ビブラム#1136の土台となるソールを作成します。 ゲージを取ったミッドソールにマッケイウエルトを貼り合わせます。

まずは、ビブラム#1136の土台となるソールを作成します。
型取りしたミッドソールにマッケイウエルトを貼り合わせます。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせます。 この段階はマッケイ製法のスタイルです。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせ、中底と縫い合わせます。
この段階はマッケイ製法のスタイルです。

土台のミッドソールにラバーミッドソールを貼り合わせ、張り出したマッケイウエルトと縫い合わせます。 この段階はグッドイヤーウエルト製法のスタイルと同様で、ビブラム#1136との接着力を高める為の作業です。 このように、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を合わせたようなスタイルがブラックラピッド製法です。

土台のソールにラバーミッドソールを貼り合わせ、張り出したマッケイウエルトと縫い合わせます。
この段階はグッドイヤーウエルト製法のスタイルと同様で、ビブラム#1136との接着力を高める為の作業です。
このように、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を合わせたようなスタイルがブラックラピッド製法です。

ビブラム#1136を貼り合わせ形成加工します。

ビブラム#1136を貼り合わせ形成加工します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビブラム#1136でのソール張替えは完了です。

これで、ビブラム#1136でのソール張替えは完了です。

 

Jalan Sriwijaya ソール張替え

・グッドイヤーウエルト製法

今回は石川県からご依頼いただきました、ジャランスリウァヤのソール張替え例をご紹介します。 現状のレザーソールからダイナイトソール(赤色)に張替えたいとのオーダーです。

今回は石川県からご依頼いただきました、ジャランスリウァヤのソール張替え例をご紹介します。
現状のレザーソールからダイナイトソール(赤色)に張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 このブランドは中のコルクが粒状のタイプですので、ソールを剥がすと崩れてきます。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
このブランドは中のコルクが粒状のタイプですので、ソールを剥がすと崩れてきます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

赤色のダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

赤色のダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

革を積みダイナイトヒールを乗せ、形成加工しヒールを作成します。

革を積みダイナイトヒールを乗せ、形成加工しヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

Danner オールソール

 

今回のご紹介は、ダナーのソール張替え例です。 現状と同様にビブラム#700で張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、ダナーのソール張替え例です。
現状と同様にビブラム#700で張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、古い#700ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、古い#700ソールを剥がします。

ソールと縫い合わせていた糸は抜き取っておきます。

ソールと縫い合わせていた糸は抜き取っておきます。

新しい#700ソールを貼り合わせ、形成加工の上、縫い合わせます。

新しい#700ソールを貼り合わせ、形成加工の上、縫い合わせます。

積革と#700ヒールを合わせヒールを作成します。

積革と#700ヒールを合わせヒールを作成します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、新しいビブラム#700ソールに張替え完了です。

これで、新しいビブラム#700ソールに張替え完了です。

ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。 現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。
現状のレザーソールからダイナイトソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 ダブルソール構造ですので、アウトソールを剥がすとミッドソールが出ます。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
ダブルソール構造ですので、アウトソールを剥がすとミッドソールが出ます。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ダイナイトソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

革を積み上げ、ダイナイトヒールと合わせヒールを作成します。

革を積み上げ、ダイナイトヒールと合わせヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからダイナイトソールへの張替えは完了です。