MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

ラバーオールソール

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

Tricker’s オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。 現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、トリッカーズのソール張替え例です。
現状のレザーソールからコマンドソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取っています。

ウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取っています。

コマンドソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとコマンドソールを縫い合わせます。

コマンドソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトとコマンドソールを縫い合わせます。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。

これで、レザーソールからコマンドソールへの張替えは完了です。

HESCHUNG オールソール

・ノルベージェ製法

今回は、エシュンのソール張替え例をご紹介します。 オーダーは英国のユニオンフラッグをモチーフにした、ブリットグリップソールでの張替えです。

今回は、エシュンのソール張替え例をご紹介します。
オーダーは英国のユニオンフラッグをモチーフにした、ブリットグリップソールでの張替えです。

ヒールを取り除き、ソールを剥がします。

ヒールを取り除き、ソールを剥がします。

ウエルトとソールを縫い合わせていた糸は抜き取ります。

ウエルトとソールを縫い合わせていた糸は抜き取ります。

ブリットグリップソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

ブリットグリップソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

積革とブリットグリップヒールで形成加工し、ヒールを作成します。

積革とブリットグリップヒールで形成加工し、ヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ブリットグリップソールでの張替えは完了です。

これで、ブリットグリップソールでの張替えは完了です。

Paraboot オールソール

・ノルヴェージェ製法

今回は、パラブーツのソール張替え例のご紹介です。 オーダーはリッジウェイソールで張り替えたいとの事です。

今回は、パラブーツのソール張替え例のご紹介です。
オーダーはリッジウェイソールで張り替えたいとの事です。

ヒールを取り除き、ソールを剥がします。 パラブーツ特有の段差のあるソールで、ウエルトと中底の段差を埋める役割とシャンク(靴の反りを保つ部品)も内蔵されています。

ヒールを取り除き、ソールを剥がします。
パラブーツ特有の段差のあるソールで、ウエルトと中底の段差を埋める役割とシャンク(靴の反りを保つ部品)も内蔵されています。

内蔵されているシャンク(靴の反りを保つ部品)を取り出し、中底(インソール)に固定します。

内蔵されているシャンク(靴の反りを保つ部品)を取り出し、中底(インソール)に固定します。

ウエルトと中底(インソール)の段差解消の為、コルクを埋め込みます。

ウエルトと中底(インソール)の段差解消の為、コルクを埋め込みます。

リッジウェイソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

リッジウェイソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

積革とリッジウェイヒールを組み合わせヒールを作成します。

積革とリッジウェイヒールを組み合わせヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、リッジウェイソールでの張替えは完了です。

これで、リッジウェイソールでの張替えは完了です。

Belstaff ライダーブーツ オールソール

・セメント製法からブラックラピッド製法でソール交換

今回は、埼玉県からご依頼いただきましたベルスタッフ ライダーブーツのソール張替え例をご紹介します。 オーダーはコマンドソールでソールを作成したいとの事です。

今回は、埼玉県からご依頼いただきましたベルスタッフ ライダーブーツのソール張替え例をご紹介します。
オーダーはコマンドソールでソールを作成したいとの事です。

まずは、現状のソールを剥がします。

まずは、現状のソールを剥がします。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成します。 ゲージを取り、レザーミッドソールにマッケイ用ウエルトを巻きます。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成します。
ゲージを取り、レザーミッドソールにマッケイ用ウエルトを巻きます。

マッケイウエルト部分を染色しておきます。

マッケイウエルト部分を染色しておきます。

作成したミッドソールを貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。 この段階では、マッケイ製法のオールソールと同じ工程です。

作成したミッドソールを貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。
この段階では、マッケイ製法のオールソールと同じ工程です。

上から見るとこんな感じになります。

上から見るとこんな感じになります。

次にコマンドソールを貼り合わせ、形成加工の上、アッパー(甲革)から張り出したウエルト部分と縫い合わせます。 この工程では、グッドイヤーウエルト製法のオールソールと同じです。 この様に、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法のオールソール2回分の工程が必要となります。 これがブラックラピッド製法です。

次にコマンドソールを貼り合わせ、形成加工の上、アッパー(甲革)から張り出したウエルト部分と縫い合わせます。
この工程では、グッドイヤーウエルト製法のオールソールと同じです。
この様に、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法のオールソール2回分の工程が必要となります。
これがブラックラピッド製法です。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

底面からみるとこんな感じです。

底面からみるとこんな感じです。

これで、コマンドソールでのソール張替えは完了です。 こうしておけば、次回のソール張替え時はミッドソールは残す事ができ、コマンドソール以下を色んなソールに張替える事が可能です。

これで、コマンドソールでのソール張替えは完了です。
こうしておけば、次回のソール張替え時はミッドソールは残す事ができ、コマンドソール以下を色んなソールに張替える事が可能です。