MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

TOD’S ソール張替え

・マッケイ製法

今回は、レディースの可愛らしいサイズのトッズのソール張替え例をご紹介します。 ソール接地面の中央部辺りが擦り減り、穴が開いでしまったようです。

今回は、レディースの可愛らしいサイズのトッズのソール張替え例をご紹介します。
ソール接地面の中央部辺りが擦り減り、穴が開いでしまったようです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 袋状のアッパー(甲革)にレザーソールを縫い付けているマッケイ製法のスタイルです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
袋状のアッパー(甲革)にレザーソールを縫い付けているマッケイ製法のスタイルです。

アッパー(甲革)と縫い合わせていた糸は抜き取ります。 イタリアレザーでゲージを取り、アッパー(甲革)に貼り合わせ縫込みます。

アッパー(甲革)と縫い合わせていた糸は抜き取ります。
イタリアレザーでゲージを取り、アッパー(甲革)に貼り合わせ縫込みます。

革を積み、トップリフトと合わせヒールを作成します。

革を積み、トップリフトと合わせヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りは染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

これで、イタリアレザーでのソール張替えは完了です。

これで、イタリアレザーでのソール張替えは完了です。

ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回はオールデンのソール張替え例のご紹介です。 以前に他店で修理されたようですが、今回はドイツ J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグ(JR)で張替えたいとのオーダーです。

今回はオールデンのソール張替え例のご紹介です。
以前に他店で修理されたようですが、今回はドイツ J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグ(JR)で張替えたいとのオーダーです。

本来とは異なるラバーヒールを取り除き、アウトソール・ミッドソールを剥がします。

本来とは異なるラバーヒールを取り除き、アウトソール・ミッドソールを剥がします。

ミッドソールを剥がすと、通常はコルクが埋められているのですが、以前に修理された際、代わりにスポンジを入れた模様です。

ミッドソールを剥がすと、通常はコルクが埋められているのですが、以前に修理された際、代わりにスポンジを入れた模様です。

本来のスタイルに戻すため、新たにコルクを埋めます。

本来のスタイルに戻すため、新たにコルクを埋めます。

ミッドソール・JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ミッドソール・JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

ヒールも本来のスタイルに戻し、積革をしJRダヴリフトで作成します。

ヒールも本来のスタイルに戻し、積革をしJRダヴリフトで作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、本来のスタイルに戻したJRレザーソールでの張替えは完了です。

これで、本来のスタイルに戻したJRレザーソールでの張替えは完了です。

CROCKETT&JONES オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回はクロケット&ジョーンズのソール張替え例をご紹介します。 ソールはドイツ J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグを使用し、つま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

今回はクロケット&ジョーンズのソール張替え例をご紹介します。
ソールはドイツ J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグを使用し、つま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

中のコルクは崩れず残ってくれていますので、このまま進行しウエルトに残っている糸を抜き取っていきます。

中のコルクは崩れず残ってくれていますので、このまま進行しウエルトに残っている糸を抜き取っていきます。

ウエルトに残った糸を抜き取った状態です。

ウエルトに残った糸を抜き取った状態です。

J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグ(JR)を貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 その際、お客様のオーダーで縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)を行なう為、縫込み部分の革を掻き起してあります。

J,レンデンバッハ社の最高級オークバーグ(JR)を貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
その際、お客様のオーダーで縫い目を隠すチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)を行なう為、縫込み部分の革を掻き起してあります。

掻き起していた革を貼り戻し、縫い目を隠します。 つま先部分はビンテージトウスティールの取付部分を研削してあります。

掻き起していた革を貼り戻し、縫い目を隠します。
つま先部分はビンテージトウスティールの取付部分を研削してあります。

ヒールも積革をし、JRダヴリフトを合わせ形成加工します。 加えて、ご希望でしたステイン加工(底面染色)もブラックで施しています。

ヒールも積革をし、JRダヴリフトを合わせ形成加工します。
加えて、ご希望でしたステイン加工(底面染色)もブラックで施しています。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、つま先の擦り減りを保護します。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、つま先の擦り減りを保護します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 尚、踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
尚、踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

これで、JRレザーでのソール張替えは完了です。

これで、JRレザーでのソール張替えは完了です。

CHEANEY オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は岡山県からご依頼いただきましたチーニーのソール張替え例をご紹介します。 画像ではわかりませんが、可愛らしいサイズのレディースタイプです。

今回は岡山県からご依頼いただきましたチーニーのソール張替え例をご紹介します。
画像ではわかりませんが、可愛らしいサイズのレディースタイプです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 レザーソールに穴が開いており、中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
レザーソールに穴が開いており、中のコルクは崩れる状態となっています。

古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。

古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ、ウエルトと縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、ウエルトと縫い合わせます。

革を積み上げ、トップリフトと合わせヒールを作成します。

革を積み上げ、トップリフトと合わせヒールを作成します。

レディースタイプですので、メンズ用に比べヒールは少し高い仕様になっています。

レディースタイプですので、メンズ用に比べヒールは少し高い仕様になっています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りはメンズ同様、飾り車でギザ模様付けを行っています。

ヒール廻りはメンズ同様、飾り車でギザ模様付けを行っています。

これで、レザーソールの張替えは完了です。

これで、レザーソールの張替えは完了です。