MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

ALDEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回はオールデンのソール張替え例のご紹介です。

今回はオールデンのソール張替え例のご紹介です。

まずは、ヒールを分解除去します。

まずは、ヒールを分解除去します。

アウトソールを剥がします。 ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

アウトソールを剥がします。
ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取ります。

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取ります。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。 縫い合わせる部分に溝を掘ります。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。
縫い合わせる部分に溝を掘ります。

グッドイヤーウエルトとソールの溝を掘った部分を縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトとソールの溝を掘った部分を縫い合わせます。

ヒール部分は、積革をし形成加工します。

ヒール部分は、積革をし形成加工します。

次に、トップリフトを貼り合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

次に、トップリフトを貼り合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面はブラックでステイン加工(染色)を行い、飾り車で模様付けしてみました。 *ソール底面のステイン加工はオプションです。

ソール底面はブラックでステイン加工(染色)を行い、飾り車で模様付けしてみました。
*ソール底面のステイン加工はオプションです。

これで、ソールの張替えは完了です。

これで、ソールの張替えは完了です。

ALDEN オールソール(グッドイヤーウエルトの交換)

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回は、オールデンの修理例をご紹介します。 グッドイヤーウエルトが千切れてしまっているとのご相談で、アッパー(甲革)とウエルトの境目に白い糸が見えるのがその証です。

今回は、オールデンの修理例をご紹介します。
グッドイヤーウエルトが千切れてしまっているとのご相談で、アッパー(甲革)とウエルトの境目に白い糸が見えるのがその証です。

ヒールを分解除去し、アウトソールを剥がします。 ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

ヒールを分解除去し、アウトソールを剥がします。
ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

次に、ミッドソールを剥がします。

次に、ミッドソールを剥がします。

シャンク(靴の反りを保つ部品)を外し、コルクも取り除きます。

シャンク(靴の反りを保つ部品)を外し、コルクも取り除きます。

グッドイヤーウエルトを外していきます。

グッドイヤーウエルトを外していきます。

グッドイヤーウエルトを取り除いた状態です。 画像では見にくいかもしれませんが、縫い合わせていた針孔は案外大きいんですよ。

グッドイヤーウエルトを取り除いた状態です。
画像では見にくいかもしれませんが、縫い合わせていた針孔は案外大きいんですよ。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせていきます。 この際、アッパー(甲革)を傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせていきます。
この際、アッパー(甲革)を傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせた状態です。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせた状態です。

新しいコルクを埋め、シャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

新しいコルクを埋め、シャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

新しいミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

新しいミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。 つま先はビンテージトウスティール取付の為、研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。
つま先はビンテージトウスティール取付の為、研削しておきます。

ヒールは革を積み上げていきます。

ヒールは革を積み上げていきます。

積革の上にトップリフトを貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

積革の上にトップリフトを貼り合わせ、形成加工しヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

つま先は、ビンテージトウスティールを取付けています。

つま先は、ビンテージトウスティールを取付けています。

ヒールは飾り釘を打ち、当店の標準仕上げを施します。

ヒールは飾り釘を打ち、当店の標準仕上げを施します。

ソール底面は当店の標準仕上げを行い、更に飾り車で模様付けも施しています。 これで、グッドイヤーウエルトの交換を伴うソールの張替えは完了です。

ソール底面は当店の標準仕上げを行い、更に飾り車で模様付けも施しています。
これで、グッドイヤーウエルトの交換を伴うソールの張替えは完了です。

CROCKETT&JONES オールソール(つま先ラバー加工)

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、広島県からご依頼いただきましたクロケット&ジョーンズのソール張替え例です。 オーダーはJRレザーでソールを張り替え、一番擦り減りやすいつま先はラバーチップで補強してほしいとの事です。

今回のご紹介は、広島県からご依頼いただきましたクロケット&ジョーンズのソール張替え例です。
オーダーはJRレザーでソールを張り替え、一番擦り減りやすいつま先はラバーチップで補強してほしいとの事です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状となっていました。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状となっていました。

新しいコルクを埋め、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取ります。

新しいコルクを埋め、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸はきちんと抜き取ります。

JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 つま先のラバーチップを取付ける部分は研削しておきます。 *ドイツ、J.レンデンバッハ社製の最高級オークバークで、一年の歳月をかけて作られるこのソールは屈強で、ヨーロッパの最高級靴に使用されています。

JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
また、つま先のラバーチップを取付ける部分は研削しておきます。
*ドイツ、J.レンデンバッハ社製の最高級オークバークで、一年の歳月をかけて作られるこのソールは屈強で、ヨーロッパの最高級靴に使用されています。

つま先部分は、ドイツ製の強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

つま先部分は、ドイツ製の強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

ヒール部分は、積革をし、トップリフトはJRダヴリフトで作成します。

ヒール部分は、積革をし、トップリフトはJRダヴリフトで作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面のオプション仕上げは必要ないとの事でしたので、当店の標準仕上げを施します。

ソール底面のオプション仕上げは必要ないとの事でしたので、当店の標準仕上げを施します。

これで、JRレザーでのソール張替えは完了です。 ヒール接地面に使用したJRダヴリフトも屈強で、かぎ型のラバー部分も耐摩耗性の高い強化ラバーでつくられています。

これで、JRレザーでのソール張替えは完了です。
ヒール接地面に使用したJRダヴリフトも屈強で、かぎ型のラバー部分も耐摩耗性の高い強化ラバーでつくられています。

CROCKETT&JONES オールソール(ビンテージトウスティール取付)

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。 オーダーはイタリアレザーで、チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)・ステイン加工・ビンテージトウスティールの取付という内容です。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。
オーダーはイタリアレザーで、チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)・ステイン加工・ビンテージトウスティールの取付という内容です。

まず、ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 中のコルクは崩れず残ってくれましたので、次にウエルトとソールを縫い合わせていた糸を抜きとります。

まず、ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
中のコルクは崩れず残ってくれましたので、次にウエルトとソールを縫い合わせていた糸を抜きとります。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせる部分の革を掻き起し、縫い合わせます。 尚、ビンテージトウスティールの取付部分は研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせる部分の革を掻き起し、縫い合わせます。
尚、ビンテージトウスティールの取付部分は研削しておきます。

掻き起していた革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)

掻き起していた革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

つま先部分は、ビンテージトウスティールを取付け補強しています。

つま先部分は、ビンテージトウスティールを取付け補強しています。

ソール底面は、明るい茶系色でステイン加工(染色)を行い完成です。

ソール底面は、明るい茶系色でステイン加工(染色)を行い完成です。