MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

JOHN LOBB オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、山口県からご依頼いただきましたジョンロブのソール張替え例をご紹介します。 オーダーはイタリアレザーでチャネル仕上げ・ステイン加工のオプション仕上げという内容です。

今回は、山口県からご依頼いただきましたジョンロブのソール張替え例をご紹介します。
オーダーはイタリアレザーでチャネル仕上げ・ステイン加工のオプション仕上げという内容です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

中のコルクが崩れる状態でしたので、新しいコルクを埋めます。 更に、グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせていた糸は抜き取ります。

中のコルクが崩れる状態でしたので、新しいコルクを埋めます。
更に、グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせていた糸は抜き取ります。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。 ソール縫い合わせ部分の革を掻き起し、グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工します。
ソール縫い合わせ部分の革を掻き起し、グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。

掻き起した革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。 チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起した革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。
チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトを重ねて作成します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトを重ねて作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール前部の接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

ソール前部の接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

踏まず部分からヒールの接地面は黒色でステイン加工(染色)を行います。

踏まず部分からヒールの接地面は黒色でステイン加工(染色)を行います。

ソール底面のステイン加工は、従来と同様にツートンカラーで仕上げ完成です。

ソール底面のステイン加工は、従来と同様にツートンカラーで仕上げ完成です。

Jalan Sriwijaya オールソール

・グッドイヤーウエルト製法
シングルソールからダブルソール構造に変更

今回は、ジャランスリウァヤのソール張替え例をご紹介します。 ソールの厚みを増したいとのオーダーで、ミッドソールを追加しダブルソール構造で行います。

今回は、ジャランスリウァヤのソール張替え例をご紹介します。
ソールの厚みを増したいとのオーダーで、ミッドソールを追加しダブルソール構造で行います。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 このブランドの特徴で、中のコルクはパラパラに崩れます。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
このブランドの特徴で、中のコルクはパラパラに崩れます。

もう一つ、ジャランスリウァヤの特徴で、グッドイヤーウエルト製法なのですが、踏まず部分だけウエルトではなく、中底と縫い合わせるマッケイスタイルとなっています。

もう一つ、ジャランスリウァヤの特徴で、グッドイヤーウエルト製法なのですが、踏まず部分だけウエルトではなく、中底と縫い合わせるマッケイスタイルとなっています。

古いコルクは取り除き、新しいコルクを埋めます。

古いコルクは取り除き、新しいコルクを埋めます。

ソールの厚みを出すため、ミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

ソールの厚みを出すため、ミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

アウトソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。 この際、踏まず部分もウエルトとの縫い合わせを行いました。

アウトソールを貼り合わせ形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。
この際、踏まず部分もウエルトとの縫い合わせを行いました。

革を積み上げ、ヒールを作成します。

革を積み上げ、ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面はオプション仕上げのオーダーがありませんでしたので、当店の標準仕上げを施し完成です。

ソール底面はオプション仕上げのオーダーがありませんでしたので、当店の標準仕上げを施し完成です。

Paul Smith オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回はポールスミスのソール張替え例のご紹介です。 オーダーはイタリアレザーでチャネル仕上げ・ステイン加工(ツートンカラー)を行い、ビンテージトウスティールを取付けとの事です。

前回に引き続き、ポールスミスのソール張替え例のご紹介です。
オーダーはイタリアレザーでチャネル仕上げ・ステイン加工(ツートンカラー)を行い、ビンテージトウスティールを取付けるとの事です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

中のコルクは崩れず残ってくれましたので、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸を抜き取ります。

中のコルクは崩れず残ってくれましたので、ウエルト(甲革から張り出している細革)とソールを縫い合わせていた糸を抜き取ります。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、縫い合わせる部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、縫い合わせる部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)

掻き起した革を貼り戻し、縫込んだ糸を隠します。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)

革を積み上げ、ヒールを作成します。

革を積み上げ、ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、ソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、ソール接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を行い、ヒールの接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

踏まず部分は黒色でステイン加工(染色)を行い、ヒールの接地面は茶系色でステイン加工(染色)を行います。

これで、ソールの張替えは完了です。

これで、ソールの張替えは完了です。

Paul Smith オールソール(シャンク交換)

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、ポールスミスコレクションのソール張替え例のご紹介です。 外見上からもコルクの交換が必要なのはわかるのですが、シャンク(靴の反りを保つ部品)の交換もしてほしいとのオーダーです。

今回は、ポールスミスコレクションのソール張替え例のご紹介です。
外見上からもコルクの交換が必要なのはわかるのですが、シャンク(靴の反りを保つ部品)の交換もしてほしいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態です。

コルクとシャンク(反りを保つ部品)を取り除きます。

コルクとシャンク(反りを保つ部品)を取り除きます。

新しいシャンクを取付けます。

新しいシャンクを取付けます。

新たにコルクを埋め、ウエルトと縫い合わせていた糸はキッチリと抜き取っておきます。

新たにコルクを埋め、ウエルトと縫い合わせていた糸はキッチリと抜き取っておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

革を積み上げ、ヒールを作成します。

革を積み上げ、ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面は標準仕上げを施し完了です。

ソール底面は標準仕上げを施し完了です。