MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

SUTOR MANTELLASSI オールソール

・マッケイ製法

今回のご紹介は、茨城県からご依頼いただきましたストールマンテラッシのソール張替え例です。

今回のご紹介は、茨城県からご依頼いただきましたストールマンテラッシのソール張替え例です。

オールソールの際に、傷んでいる中底(インソール)も交換したいとの事です。

オールソールの際に、傷んでいる中底(インソール)も交換したいとの事です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

傷んでいる中底(インソール)も取り外します。

傷んでいる中底(インソール)も取り外します。

傷んだ中底を交換し、甲革に戻します。

傷んだ中底を交換し、甲革に戻します。

イタリアレザーを貼り合わせ、縫い合わせる部分の革は掻き起して中底(インソール)と縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、縫い合わせる部分の革は掻き起して中底(インソール)と縫い合わせます。

掻き起した革を貼り戻し、縫い目を隠します。 ・チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起した革を貼り戻し、縫い目を隠します。
・チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

これで、中底(インソール)及びレザーソールの張替えは完了です。

これで、中底(インソール)及びレザーソールの張替えは完了です。

EDWARD GREEN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。 イタリアレザーでつま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、エドワードグリーンのソール張替え例です。
イタリアレザーでつま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。 つま先部分のビンテージトウスティール取付箇所は研削しておきます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。
つま先部分のビンテージトウスティール取付箇所は研削しておきます。

ビンテージトウスティールを取付けます。

ビンテージトウスティールを取付けます。

ヒールを作成しコバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。 尚、踏まず部分のコバ(ソール側面)は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。
尚、踏まず部分のコバ(ソール側面)は従来通り丸コバ仕上げを施しています。

これで、イタリアレザーでのソール張替えは完了です。

これで、イタリアレザーでのソール張替えは完了です。

SCOTCH GRAIN オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、スコッチグレインのソール張替え例をご紹介します。 オーダーはドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ JRレザーでソールを張り替え、つま先部分は強化ラバーチップで加工しておいてほしいとの事です。

今回は、スコッチグレインのソール張替え例をご紹介します。
オーダーはドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ JRレザーでソールを張り替え、つま先部分は強化ラバーチップで加工しておいてほしいとの事です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。 つま先のラバーチップ加工部分は研削しておきます。

JRレザーを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。
つま先のラバーチップ加工部分は研削しておきます。

つま先部分は、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

つま先部分は、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

ヒールは積革をし、同じくJRダヴリフトで作成します。

ヒールは積革をし、屈強な強化ラバーで作成されたJRダヴリフトで作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りは飾り車で模様付けも施します。

ヒール廻りは飾り車で模様付けも施します。

ソール底面にも飾り車で模様付けしてみました。

ソール底面にも飾り車で模様付けしてみました。

これで、JRレザーソールでの張替えは完了です。

これで、JRレザーソールでの張替えは完了です。

Predibino オールソール

・マッケイ製法

今回はプレディビーノのソール張替え例のご紹介です。 オーダーは、ドイツJ.レンデンバッハ社の最高級オークバークのJRレザーで張替え、ソール底面は茶系色でステイン加工を行うという内容です。

今回はプレディビーノのソール張替え例のご紹介です。
オーダーは、ドイツJ.レンデンバッハ社の最高級オークバークのJRレザーで張替え、ソール底面は茶系色でステイン加工を行うという内容です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

既存のソールと中底を縫い合わせていた糸は抜き取り、ゲージを取ったJRレザーにマッケイウエルトを巻きアッパー(甲革)と貼り合わせます。

既存のソールと中底を縫い合わせていた糸は抜き取り、ゲージを取ったJRレザーにマッケイウエルトを巻きアッパー(甲革)と貼り合わせます。

JRレザーと中底を縫い合わせます。

JRレザーと中底を縫い合わせます。

ソール底面に茶系色でステイン加工(染色)を施します。 画像では分かりにくいのですが、ヒール部分のステイン加工を行なっていない所との比較でお分かりいただけると思います。

ソール底面に茶系色でステイン加工(染色)を施します。
画像では分かりにくいのですが、ヒール部分のステイン加工を行なっていない所との比較でお分かりいただけると思います。

ヒール部分に革を積み上げます。

ヒール部分に革を積み上げます。

トップリフトもJRダヴリフトを貼り合わせ、形成加工してヒールを作成します。

トップリフトもJRダヴリフトを貼り合わせ、形成加工してヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 *ロウ引き仕上げとは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
*ロウ引き仕上げとは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

ヒール底面には飾り釘を打ち、ステイン加工も施し完成です。

ヒール底面には飾り釘を打ち、ステイン加工も施し完成です。