MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

レーザーオールソールについて

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

ALDEN グッドイヤーウエルトの交換

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。

今回のご紹介は、オールデンのソール張替え例です。

このシューズの場合、特に踵廻りのウエルト部分で縫い代が無い状態まで痩せており、グッドイヤーウエルトの交換が必要と判断されます。 これは、ヒール部分の修理やオールソールを繰り返し行う間に少しずつ痩せていったものと思われます。

このシューズの場合、特に踵廻りのウエルト部分で縫い代が無い状態まで痩せており、グッドイヤーウエルトの交換が必要と判断されます。
これは、ヒール部分の修理やオールソールを繰り返し行う間に少しずつ痩せていったものと思われます。

ヒールを分解除去し、アウトソール(接地面のレザーソール)を剥がします。 ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ヒールを分解除去し、アウトソール(接地面のレザーソール)を剥がします。
ダブルソール構造ですので、ミッドソール(二枚目のソール)が出ます。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。

ウエルト側に残る縫込み糸を抜き取り、ミッドソール(二枚目のソール)も剥がします。

オールデン特有の極太スティールシャンク(靴の反りを保つ金属製部品)とコルクと取り除きます。

オールデン特有の極太スティールシャンク(靴の反りを保つ金属製部品)とコルクを取り除きます。

アッパー(甲革)と縫い合わせているグッドイヤーウエルトも取り除いていきます。

アッパー(甲革)と縫い合わせているグッドイヤーウエルトも取り除いていきます。

グッドイヤーウエルトを取り除いたアッパー(甲革)の状態です。

グッドイヤーウエルトを取り除いたアッパー(甲革)の状態です。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い付けていきます。 この際、従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせていきます。 これは、新たに余分な針孔を開けてしまい、アッパー(甲革)が裂けやすくなったりしないようにするためです。

新しいグッドイヤーウエルトを縫い付けていきます。
この際、従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせていきます。
これは、新たに余分な針孔を開けてしまい、アッパー(甲革)が裂けやすくなったりしないようにするためです。

グッドイヤーウエルトを縫い付け、新しいコルクを埋めて踏まず部分にシャンク(靴の反りを保つ部品)も取付けます。

グッドイヤーウエルトを縫い付け、新しいコルクを埋めて踏まず部分にシャンク(靴の反りを保つ部品)も取付けます。

レザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

レザーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

アウトソール(接地面のソール)はイタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

アウトソール(接地面のソール)はイタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

ヒールは、積革をしイタリアレザーとかぎ型ラバーのコンビリフトを合わせ形成加工します。

ヒールは革を積み上げ、イタリアレザーとかぎ型ラバーのコンビリフトを合わせ形成加工します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りの上部には飾り車でギザ模様を付けます。

ソール底面は黒色でステイン加工(染色)を行い、オールデンらしく飾り車でギザ模様もつけています。 これで完了と思いきや、追加でビンテージトウスティールも取付けてほしいとのオーダーです。

ソール底面は黒色でステイン加工(染色)を行い、オールデンらしく飾り車でギザ模様もつけています。
これで完了と思いきや、追加でビンテージトウスティールも取付けてほしいとのオーダーが入りました。

ビンテージトウスティールの取付部分を研削し、面一になるようにして取付します。

ビンテージトウスティールの取付部分を研削し、面一になるようにして取付します。

これで、グッドイヤーウエルトの交換を含むオールソールは完了です。 ブラックのソールにシルバーのビンテージトウスティールが映えますね!

これで、グッドイヤーウエルトの交換を含むオールソールは完了です。
ブラックのソールにシルバーのビンテージトウスティールが映えますね!

Paul Smith オールソール

・セメント製法⇒マッケイ製法

今回は、ポールスミスのソール張替え例をご紹介します。

今回は、ポールスミスのソール張替え例をご紹介します。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 セメント製法のシューズですので、レザーソールを接着材で貼り合わせているだけの簡易スタイルです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
セメント製法のシューズですので、レザーソールを接着剤で貼り合わせているだけの簡易スタイルです。

イタリアレザーでゲージを取って形成加工し、アッパー(甲革)に貼り合わせます。 新品のシューズとは違い、履き癖がついていたり、接着面が凸凹な状態であったりして、このままでは剥がれやすい状態です。

イタリアレザーでゲージを取って形成加工し、アッパー(甲革)に貼り合わせます。
新品のシューズとは違い、履き癖がついていたり、接着面が凸凹な状態であったりして、このままではソールが剥がれやすい状態です。

ソールが剥がれないよう、アッパー(甲革)中底と縫い合わせを行ないます。 レザーソールの縫い合わせるラインに溝を掘ります。

ソールが剥がれないよう、アッパー(甲革)中底と縫い合わせを行ないます。
レザーソールの縫い合わせるラインに溝を掘ります。

レザーソールと中底を縫い合わせ固定します。 これで、縫込み糸が擦り切れない限りソールは剥がれません。

レザーソールと中底を縫い合わせ固定します。
これで、縫込み糸が擦り切れない限りソールは剥がれません。

革を積み上げ、イタリアレザーとラバーのコンビリフトを乗せてヒールを作成します。

革を積み上げ、イタリアレザーとラバーのコンビリフトを乗せてヒールを作成します。

コバ(ソール側面)は元々と同じように丸コバ仕上げを行ない、染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は元々と同じように丸コバ仕上げを行ない、淡い茶系色のシャンペンカラーで染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも淡い茶系色のシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

レザーソール底面は、当店の標準仕上げを施し完成です。

レザーソール底面は、当店の標準仕上げを施し、セメント製法からマッケイ製法でのソール張替えは完了です。

CROCKETT&JONES オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。 ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ・JRレザーを使用し、擦り減りやすいつま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例です。
ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ・JRレザーを使用し、擦り減りやすいつま先部分はビンテージトウスティールを取付けたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっていました。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっていました。

残ったコルクを取り除き、ウエルトに残っているソールとの縫込み糸も抜き取っておきます。

残ったコルクを取り除き、ウエルトに残っているソールとの縫込み糸も抜き取っておきます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

JRレザーを貼り合わせ形成加工し、トウスティールを取付ける部分は研削しておきます。

JRレザーを貼り合わせ形成加工し、トウスティールを取付ける部分は研削しておきます。

ウエルトとソールを縫い合わせるラインに溝を掘ります。

ウエルトとソールを縫い合わせるラインに溝を掘ります。

ウエルトとJRレザーソールを縫い合わせます。

ウエルトとJRレザーソールを縫い合わせます。

ヒールは、革を積み上げトップリフトはJRダヴリフトを使用し作成します。

ヒールは、革を積み上げトップリフトはJRダヴリフトを使用し作成します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 尚、踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
尚、踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

ヒール廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

ヒール廻りには飾り車でギザ模様を付けています。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、ソール底面は茶系色でステイン加工を施し仕上げています。

つま先部分はビンテージトウスティールを取付け、ソール底面は茶系色でステイン加工を施し仕上げています。

JRダヴリフトも飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工を施し仕上げています。

JRダヴリフトも飾り釘を打ち、茶系色でステイン加工を施し仕上げています。

これで、JRレザーソールを使用したソールの張替えは完了です。

これで、JRレザーソールを使用したソールの張替えは完了です。

Carlos Santos オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、カルロスサントスのソール張替え例です。 ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグを使用し、擦り減りやすいつま先は同じくドイツ製強化ラバーで補強しておきたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、カルロスサントスのソール張替え例です。
ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグを使用し、擦り減りやすいつま先は同じくドイツ製強化ラバーで補強しておきたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ウエルト部分に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ウエルト部分に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ JRレザーを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。 ラバー加工するつま先部分は予め研削しておきます。

ドイツ J.レンデンバッハ社の最高級オークバーグ JRレザーを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。
ラバー加工するつま先部分は予め研削しておきます。

ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

ドイツ製強化ラバーを貼り合わせ形成加工します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 また、コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
また、コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

ヒールのトップリフトはJRダヴリフトを使用し飾り釘を打ちます。 また、お客様のオーダーで底面は茶系色でステイン加工(染色)を行っています。

ヒールのトップリフトはJRダヴリフトを使用し飾り釘を打ちます。
また、お客様のオーダーで底面は茶系色でステイン加工(染色)を行っています。

ヒール廻りには飾り車でギザ模様を付けます。

ヒール廻りには飾り車でギザ模様を付けます。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施し完成です。

ソール底面も茶系色でステイン加工(染色)を施し完成です。