MENU

靴修理|大阪|オールソール|ソール張替え|ラバーソール|靴の病院 ラ・フェスタ

一般修理について

修理例

※修理例画像はクリックorタップで拡大します。

BALLY レザーソール剥がれる件

・セメント製法

今回のご紹介は、バリーの修理例をご紹介します。 レザーソールが剥がれてきたので直してほしいとのご依頼です。

今回のご紹介は、バリーの修理例をご紹介します。
レザーソールが剥がれてきたので直してほしいとのご依頼です。

現状はレザーソールにハーフラバーを貼り合わせて保護している状態です。

現状はレザーソールにハーフラバーを貼り合わせて保護している状態です。

まず、ハーフラバーを剥がします。 擦り減りにより、接地面中央部に穴が開いているのでハーフラバーで保護されていたようですね。 そこで、ある程度ぱっくりとレザーソールを剥がします。

まず、ハーフラバーを剥がします。
擦り減りにより、接地面中央部に穴が開いているのでハーフラバーで保護されていたようですね。
そこで、ある程度ぱっくりとレザーソールを剥がします。

穴の開いた部分はレザーで塞ぎ補修作業します。 その上で、改めて接着し直します。

穴の開いた部分はレザーで塞ぎ補修作業を行います。
その上で、改めて接着し直します。

バリーのセメント製法(接着だけでソールの取付を行う製法)のシューズの場合、日本においては剥がれてしまうケースが非常に多く、接着だけではすぐに剥がれてします可能性があるので、中底と縫い合わせ剥がれないようにします。

バリーのセメント製法(接着だけでソールの取付を行う製法)のシューズの場合、日本においては剥がれてしまうケースが非常に多く、接着だけではすぐに剥がれてします可能性があるので、中底と縫い合わせ剥がれないようにします。

今度は穴の開いたレザーソールを保護するというより、縫込んだ糸が切れないようにハーフラバー(ビブラム#7673)を貼り合わせ形成加工します。

今度は穴の開いたレザーソールを保護するというより、縫込んだ糸が切れないようにハーフラバー(ビブラム#7673)を貼り合わせ形成加工します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)を研磨します。

コバ(ソール側面)を黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)を黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

ALDEN トップリフト交換

今回のご紹介は、オールデンのトップリフト交換例です。 以前に他店で修理されているようですが、今回は最高級部材のJRダヴリフトをオーダーです。

今回のご紹介は、オールデンのトップリフト交換例です。
以前に他店で修理されているようですが、今回は最高級部材のJRダヴリフトをオーダーです。

まずは、既存のトップリフト(ヒール接地面の部材)を剥がします。

まずは、既存のトップリフト(ヒール接地面の部材)を剥がします。

JRダヴリフトを貼り合わせ、形成加工します。

JRダヴリフトを貼り合わせ、形成加工します。

仕上げを行なう為、ヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、ヒール廻りを研磨します。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 更に、飾り車で模様付けも行います。

ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
更に、飾り車で模様付けも行います。

接地面は、黒色でステイン加工(染色)も行っています。 *接地面のステイン加工はオプションです。

接地面は、黒色でステイン加工(染色)も行っています。
*接地面のステイン加工はオプションです。

これで、JRダヴリフトでの交換は完了です。

これで、JRダヴリフトでの交換は完了です。

CROCKETT&JONES つま先ラバー加工・トップリフト交換

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。 オーダーは、擦り減ったつま先はラバーチップで修復し、ヒールは類似の物で修理したいとの事です。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。
オーダーは、擦り減ったつま先とヒール部分を修理したいとの事です。

まずは、擦り減ったヒールの修理を行います。

まずは、擦り減ったヒールの修理を行います。

ヒールのトップリフト部分(接地面の部品)を剥がします。

ヒールのトップリフト部分(接地面の部品)を剥がします。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

飾り釘を打ち、仕上げの為、接地面のレザー表面を研磨します。

飾り釘を打ち、仕上げの為、接地面のレザー表面を研磨します。

擦り減ったつま先部分の修理を行います。 こちらは、ラバーチップで行いたいとのオーダーです。

擦り減ったつま先部分の修理を行います。
こちらは、ラバーチップで行いたいとのオーダーです。

擦り減ったつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

擦り減ったつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

前から見るとこんな感じです。

前から見るとこんな感じです。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りには、飾り車でギザ模様もつけます。

ヒール廻りには、飾り車でギザ模様もつけます。

トップリフトのレザー接地表面は、淡い茶系色でステイン加工(染色)を行います。 *ステイン加工はオプションです。

トップリフトのレザー接地表面は、淡い茶系色でステイン加工(染色)を行います。
*ステイン加工はオプションです。

ソール前部の接地表面も同様に仕上げを行ないます。

ソール前部の接地表面も同様に仕上げを行ないます。

全体像はこんな感じです。

全体像はこんな感じです。

これで、擦り減ったつま先の修理とトップリフトの交換は完了す。 この様なロウ引き仕上げや、ステイン加工の仕上げを行える修理店は数えるほどしかありませんので、単に価格が安いというだけで選ぶのではなく、仕上げ内容にもこだわってみてはいかがでしょうか!

これで、擦り減ったつま先の修理とトップリフトの交換は完了す。
この様なロウ引き仕上げや飾り車での模様付け、ステイン加工の仕上げ等を行える所は少なく、単に価格が安いというだけで修理店を選ぶのではなく、仕上げ内容にもこだわってみてはいかがでしょうか!

Alden レザーソールの保護

今回のご紹介は、オールデンのレザーソールをハーフラバー加工で保護したいとのオーダーです。

今回のご紹介は、オールデンのレザーソールをハーフラバー加工で保護したいとのオーダーです。

ハーフラバー加工部分を研磨し、ビブラムのスタンダードタイプ#7673を貼り合わせ形成加工します。 その際に、仕上げの為コバ(ソール側面)も研磨しておきます。

ハーフラバー加工部分を研磨し、ビブラムのスタンダードタイプ#7673を貼り合わせ形成加工します。
その際に、仕上げの為コバ(ソール側面)も研磨しておきます。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。 *ロウ引き仕上げとは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

コバ(ソール側面)を染色し、ロウ引き仕上げを施します。
*ロウ引き仕上げとは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングする仕上げ方法です。

これで、ハーフラバー加工の完成です。

これで、ハーフラバー加工の完成です。