ゴルフシューズ のオールソール修理例

ゴルフシューズ のオールソール修理例

今回のご紹介は、ゴルフシューズの修理例についてです。
持ち込みいただいたときは、画像のようにヒール部分がこんなにめくれている状態ではなかったのですが、いずれこうなっていくであろうという兆候がありましたのでご来店された次第です。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

色々お話を伺っていると、レザーソールのゴルフシューズが気に入って購入されたとの事でしたが、先の画像のヒール部分を見ていただければお分かりのように合成樹脂にレザーを被せているスタイルなのです。
最終的にオールレザーでソールの張替えを行う事になりました。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

一体成型のソールですのでセメント製法となります。
まずはソールの分解剥離を行います。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

マッケイ用のストームウエルトとレザーミッドソールを用意

ゴルフシューズ のオールソール修理例

ゲージを取り、土台となるソールを作成します。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

作成した土台となるソールをアッパーと縫い合わせます。
マッケイ製法でソール交換を行うのと同じ工程です。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

ヒールのトップ部分にスパイクねじ金具を埋め込み加工

ゴルフシューズ のオールソール修理例

今回は茶系でステイン加工(染色)も行う事にしました。
こちらの画像ではわかりにくいかもしれませんが、元々のレザーは先の画像のように色がついているわけではないのです。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

作成したレザーソールを土台のソールに貼り合わせ、マッケイ用のストームウエルトと縫い合わせます。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

ストームウエルト側の画像です。
グッドイヤーウエルト製法でソールの張替えを行うのと同じ工程です。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

ヒール部分も革を積み上げ作成します。
コバやヒール廻りの染色・蝋引き仕上げ等も行います。
今回のソール作成の製法は、前段のようにマッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法のおよそ2回分の工程がかかる製法で、これをブラックラピッド製法と(俗にマッケイグッドとも)いいます。
この製法の利点は、次回のソール交換では土台となるソールはそのままに、アッパーを痛めることなくアウトソールだけを張替えできるようになります。

ゴルフシューズ のオールソール修理例

後はスパイクを取り付け完成です。
これでオールレザーのゴルフシューズとなりました。