Marc Jacobs オールソール(イタリアナチュラルレザー)

・セメント製法からブラックラピッド製法に変更しカスタマイズ

東京都からご依頼のマーク ジェイコブスのカスタマイズ修理例のご紹介です。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

現状は合成クレープの一体成型のソールで、セメント製法で作られているシューズです。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

今回のご依頼内容は、「こんな感じになれば嬉しいです」とこちらの画像をお送りいただきました。

合成クレープからレザーソールにカスタマイズしたいという事なのですが、単にレザーソールにしたいというだけでなく、ウエルトの種類やソールの厚み、コバやヒールのカラーなどが一目瞭然で完成のイメージがしやすくて助かります。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

クレープソールを剥がすとこんな感じです。

カスタマイズの概要は、現状のセメント製法からブラックラピッド製法に変更しイタリアナチュラルレザーでオールソール交換です。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

ミッドソールとストームウェルト(段付きの特殊ウェルト)を用意しました。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

ゲージをとって作成します。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

これらを貼り合わせ、アッパーと縫い合わせます。これでマッケイ製法でソール張替えしたのと同じ状態になります。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

更にイタリアナチュラルレザーを貼り合わせて、今度はウェルトと縫い合わせます。

この様に、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を組み合わせたようなスタイルがブラックラピッド製法です。
俗にマッケイグッドなどともいわれる製法です。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

ウェルト部分から見るとこんな感じです。外見上は、ダブルソール構造のグッドイヤーウエルト製法に見えます。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

ヒールを作成し、ソール底面の仕上げやコバ、ヒール廻りの仕上げを施し完成です。

コバやヒール廻りはレザーの色合いそのままのように見えるかもしれませんが、シャンペンカラーで染色したうえでロウでコーティングしています。

マーク ジェイコブス のオールソール修理例

これでお送りいただいた画像と同じ様なイメージで仕上がったと思います。

納品後、お客様より「ドレッシーに仕上げていただき感謝です」とのお言葉と共に、新たに色違いのシューズもご依頼いただきありがとうございます。