Alden オールソール(コマンドソール)

・グッドイヤーウエルト製法

今回のご紹介は、鳥取県から持ち込みいただいたオールデンのオールソール例です。

オールデンのオールソール例

新品ですがレザーソールからラバーソールに変えたいとの事で、コマンドソールで張り替えることになりました。

オールデンのオールソール例

ヒールを分解、ソールを剥がします。このシューズはダブルソール構造ですので、レザーソール(アウトソール)を剥がすとミッドソールになります。

お客様のご希望として、コマンドソールに張替えるとしてもあまりボリュームが出ないようにしたいとの事でしたので、ミッドソールも取り除きシングルソール構造にする事となりました。

オールデンのオールソール例

ミッドソールを剥がすと、その下はコルクとスティールシャンクが見えてきます。スティールシャンクとは、靴の反りを保つための鉄製の部品です。

以前レザーオールソールのページでウッドシャンクをご紹介した際に、オールデンを履いていると空港のセキュリティーで引っかかってしまうというお問い合わせをいただいた事もあり、シャンクの対比をご覧いただきたいと思います。

オールデンのオールソール例

黒っぽい方がオールデン特有のスティール製シャンクで、上に並べているのが一般的なサイズのシャンクです。画像ではわかりにくいのですが、大きさだけではなく厚みもだいぶ違います。

オールデンのオールソール例

コマンドソールを貼り合わせ、ウエルトと縫込みます。

オールデンのオールソール例

ヒールを作成し、コバ廻りなどの仕上げを施し完成です。ミッドソールを取り除いた分、ボリューム感も抑えられました。