LANVINのオールソール例 マッケイ製法からブラックラピッド製法へ

英国製ダイナイトソールに張替え

香川県からご依頼の修理例をご紹介します。

LANVINのオールソール例

画像ではわかりにくいのですが、ソールのラバー部分がひび割れをしています。マッケイ製法で作られているシューズですが、ブラックラピッド製法に変更し英国製ダイナイトソールに張替えます。

LANVINのオールソール例

ソールを剥がすとこんな状態です。マッケイ製法の靴ではこの頃見かけなくなりましたが、きちんとコルクを敷いて作っています。

LANVINのオールソール例

コルクがボロボロと崩れているので新たに敷き直しておきます。

ここからブラックラピッド製法で靴底を作成します。

LANVINのオールソール例

レザーのソールをウエルト幅分張り出したサイズで形成し、アッパーと縫込みます。

LANVINのオールソール例

ダイナイトソールを貼り合わせ、ウエルト幅分張り出しているレザーソールと縫込みます。

LANVINのオールソール例

ウエルト幅分張り出したレザーソールとダイナイトソールを縫込んでいる画像です。

LANVINのオールソール例

今回は、ウエルト幅分張り出したレザーソールが装飾用のウエルトに見えるようにギザギザ模様を付けてみました。

LANVINのオールソール例

ヒールを作成、仕上げを施しブラックラピッド製法に変更したオールソールの完成です。

これで次回にオールソールが必要な場合でも、マッケイ製法のようにアッパーを傷める事無く修理が可能となりますので、グッドイヤーウエルト製法のようにオールソールの回数をこなせるようになるという利点があります。