厚底ブーツのオールソール例 ブラックラビッド製法

ウレタン素材の一体底からコマンドソールにカスタマイズ

一体型ソールが、劣化分解してきたのでオールソール交換したいとの事です。

厚底ブーツのオールソール例

ヒールの一部が崩れているだけのように見えますが、少し力を加えると全体が崩れてしますような状態です。

お客様からは、こんな厚底ソールでなくてもいいから何とか復活させて欲しいという事で、英国製コマンドソールでオールソール交換する事になりました。

セメント製法で作られているこの靴は、ウレタン素材の厚底ソールとアッパーを接着のみで持たせているスタイルです。

厚底ブーツのオールソール例

まずは、ボロボロと崩れるソールを取除きます。

厚底ブーツのオールソール例

ブラックラピッド製法(通称マッケイグッド)で靴底を作成していきます。レザーのミッドソールを貼り合せ、マッケイスタイルでアッパーと縫込み、しっかりとした土台を作ります。

厚底ブーツのオールソール例

出来上がった土台にコマンドソールを貼り合せ、今度はグッドイヤースタイルでミッドソールと縫込みます。このようにマッケイ製法とグッドイヤー製法を組み合わせたスタイルから通称「マッケイグッド」といわれています。

厚底ブーツのオールソール例

ウエルト幅分張り出したミッドソールとコマンドソールを縫込んでいます。

厚底ブーツのオールソール例

ヒールを作成し、コバ、ヒール廻りの染色、仕上げを施します。

厚底ブーツのオールソール例

ヒールの形状は、エンジニアブーツのようにアーチ状のスタイルで仕上げてみました。

厚底ブーツのオールソール例

厚底ソールからコマンドソールにカスタマイズし復活です。セメント製法の一体底ソールをオールソール交換する場合は、修理というより靴底のオーダーメイドですよね。