Parabootのオールソール例 グッドイヤーウエルト製法

レッドウイングのボブソールタイプにカスタマイズ

Parabootのオールソール例

今回のパラブーツはヒールが磨り減り穴が開いてきたので修理したいとの事です
お客様と検討の結果、レッドウイングのボブソールタイプでオールソール交換する事になりました。

Parabootのオールソール例

一体底のソールを剥がすと、中のコルクはボロボロと崩れる状態でした。

ウエルトはアッパーと縫込まれているしっかりとしたグッドイヤーウエルト製法なのですが、なぜかソールはセメントスタイルで接着のみで貼り合わされていました。

Parabootのオールソール例

本来のグッドイヤーウエルト製法の場合、ウエルトのステッチはミッドソールやアウトソールと縫込まれているのですが、このステッチは飾り縫いでした。

飾り縫いのステッチを抜いていくことは不可な事もあるのですが、幸いにもウエルトを傷めることなく裏糸を処理しステッチを抜くことが出来ました。

Parabootのオールソール例

劣化したコルクを取除き、新しいコルクを埋めます。

Parabootのオールソール例

レッドウイング同様にホワイトラバーでミッドソールを形成し、ウエルトとミッドソールを縫込みます。

Parabootのオールソール例

レッドウイング同様の国産ボブソールを貼り合せ、形成加工します。

Parabootのオールソール例

アッパーはパラブーツ、ソールはレッドウイング仕様のボブソールでカスタマイズです。