REGALのオールソール交換例 グッドイヤーウエルト製法のもう一つのスタイル

ダイナイトソールでカスタマイズ ミッドソールも交換

神奈川県からご依頼のリーガルです。

REGALのオールソール交換例

これまでにご紹介してきましたグッドイヤーウエルト製法のオールソールはアウトソールとウエルトを縫い合わせているスタイルですが、今回ご紹介する修理例は、ミッドソールとウエルトを縫い合わせた後にスポンジソールを張り合わせたスタイルからの変更です。

その他、このスタイルの代表例としては、レッドウイングがあります。

REGALのオールソール交換例

このスタイルのオールソール交換を行う場合は、ミッドソールの交換を必要とします。それは、画像を見ていただければお分かりかと思いますが、ミッドソールとウエルトの間に浮き、剥がれが出来てしまうことです。
このシューズの場合、すでに剥がれが見られますが、そうでない場合でもアウトソールをはがす過程で浮き、剥がれ、が出来てしまう為です。

REGALのオールソール交換例

スポンジのソールを剥がすとウエルトとミッドソールの縫込みが見て取れます。

REGALのオールソール交換例

縫いこみ糸を処理し、ミッドソールを剥がします。

REGALのオールソール交換例

新しいミッドソールは、本革で形成加工します。

REGALのオールソール交換例

ダイナイトソールを張り合わせ、形成加工します。

REGALのオールソール交換例

アウトソール(ダイナイトソール)とウエルトを縫込みます。

REGALのオールソール交換例

ヒールを形成加工し、仕上げを行います。

REGALのオールソール交換例

この靴からはオーナー様の愛情が感じられますね。
それというのも、この画像は修理完了の後当店で手入れしたものではなく、そのままの状態で撮影したにもかかわらずこれだけの輝きをはなっているからです。
スポンジソールからダイナイトソールに交換し、実際の重量も増えましたが、重厚感のある靴に仕上がりました。

アッパーはリーガル、しかしウエルトから下はトリッカーズ
「お洒落は足元から」とよく言いますが究極のお洒落は、「足裏から」かも!