Edward Green オールソール(イタリアレザー/ヒドゥンチャネル/ステイン加工)

・グッドイヤーウエルト製法

エドワードグリーンのダブルモンクストラップタイプのオールソール修理例です。

エドワードグリーン のオールソール修理

こちらのシューズは持ち込みいただいた分で、ご依頼内容は単純明快に同じような仕上げでお願いしますとの事でした。

こちらのシューズの基本情報は
製法:グッドイヤーウエルト製法
構造:レザーソールのシングルソール構造

その他
チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)
ソール底面のステイン加工(ブラックとブラウン系のツートンカラー)
となっておりますので、これらを踏まえて修理進行していきます。

エドワードグリーン のオールソール修理

ヒールを分解しソールを剥がすとこんな感じです。

特にレザーソールの指定はありませんでしたので一般的によく使用されるイタリアレザーで行いました。

エドワードグリーン のオールソール修理

こちらの画像はソールを貼り合わせ、チャネル仕上げを行なう為縫い目を隠す部分の革を裂き起こしてからウエルトと縫込みした状態です。

エドワードグリーン のオールソール修理

最終的に仕上がりはこんな感じです。ソール底面の踏まず部分はブラック、前半分はブラウン系、そしてヒール部分もブラウン系でステイン加工を行ない飾り釘で仕上げております。

エドワードグリーン のオールソール修理

画像ではわかりにくいかもしれませんが、踏まず部分の両サイドは丸コバ仕上げを行なっております。これでご依頼の通り、元々と同じ仕様の状態で修理完了です。