Crockett&Jones  オールソール(グッドイヤーウエルトから交換)

・グッドイヤーウエルト製法

クロケット&ジョーンズの修理例をご紹介するのですが、過去の修理例とは異なり、グッドイヤーウエルト製法の靴を購入する際のチェックポイントの一つとしてお役立て下さい。

クロケット&ジョーンズの修理例

この靴の修理例の何を購入時のチェックポイントにするかというと、ウエルトに縫込み代がちゃんとあるかどうかという所を見ていただきたいのです。

Crockett&Jones のオールソール修理例

こちらの画像を見ていただければ、ソールエッジの踏まず部分に亀裂があるのがお分かりかと思います。でも、購入時にはこんな状態ではなかったはずですよね!

クロケット&ジョーンズの修理例

ソールを剥がした後の踏まず部分です。

ウエルトとソールを縫込んでいる跡がお分かりかと思いますが、踏まず部分を極端に絞り込んでカットしているため、履いているうちにテンションがかかり縫込み部分から亀裂が入って行ったのだと思います。

このままでは通常のソール張替えはできませんのでウエルトの交換から行う事になりました。
本来ならグッドイヤーウエルト製法の場合、ウエルトはそのままで数回オールソール交換ができるものですが、今回は初めての靴修理にもかかわらずウエルトの交換から行う事となりました。

クロケット&ジョーンズの修理例

ソールを剥がしコルク、シャンクを取除きウエルトを取除きます。

クロケット&ジョーンズの修理例

新しいウエルトを取付けします。アッパー(甲革)に余分な針穴をあけてダメージを与えないように従来の針穴を拾いながら丁寧に縫込みをしていきます。

Crockett&Jones のオールソール修理例

新しいウエルトの取り付け完了です。通常、初めてのソール交換であればこのような工程は必要無いはずなのです。

Crockett&Jones のオールソール修理例

新しいコルクを埋め、レザーソールを貼り合わせます。さらにソール面はチャネル仕上げ(隠し縫い)を行っています。

Crockett&Jones のオールソール修理例

ヒールを作成し、ソール面はミッドブラウンとダークブラウンでステイン加工し完成です。

Crockett&Jones のオールソール修理例

踏まず部分は極端に絞り込んだカットにせず、縫込み代を確保しています。

このように、グッドイヤーウエルト製法の靴を購入される際はウエルト部分の縫い代がある程度余裕のあるものを選ぶようにして下さい。
また、一足一足微妙に違いますので、出来れば購入時に同じサイズの靴を何足か見比べる事をお勧めします。

とはいうものの有名ブランドの高価な靴の場合、ウエルト側の縫込み糸も隠し縫いを施した仕上げをしている事がよくあるのでわかりづらいと思いますがよ~く見て判別して下さいね!!!!