TANINO CRISCI  オールソール(イタリアレザー/つま先ラバー加工)

・マッケイ製法

TANINO CRISCI のオールソール修理例

マッケイ製法で作られたタニノ クリスチーのオールソール交換例をご紹介します。長年履いておられるそうで、何度か修理されているそうです。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

マッケイ製法の場合、オールソールは1回までとか2回までしかできない等という事を聞かれた事がある方もおられると思います。
それは、別に回数が決まっているわけではなく、上の画像を見ていただければお分かりかと思いますが、アッパー(甲革)をインソールの裏まで巻き込んでいる部分がソールの張替えを行う事によりダメージを受け、革が千切れたり薄くなって破れてしまう事などから言われているのです。

要するにコンディション次第なのですが、グッドイヤーウエルト製法などの靴と比べると回数をこなせないのは事実です。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

イタリア製のレザーソールを形成加工し、装飾用のレザーウエルトを貼り合わせます。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

ウエルトを染色し、ギザギザ模様を付けていきます。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

加工したソールを貼り合わせます。お客様のご希望で、つま先部分を最初にラバー加工しておきたいとの事でしたので、ラバーの貼り合わせ部分を研磨しておきます。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

アッパーとソールを縫込みます。

このように、最初につま先ラバー加工をしておく事で、今後、縫込み糸を切る事無くつま先ラバーの交換を行う事が出来るという利点があります。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

ヒールを作成、コバ(ソールエッジ)やソール表面の仕上げを施し完成です。

お客様もよくお分かりの方で、これで最後のオールソールだと言われていました。
それだけに後々、つま先部分を綺麗に修理できるよう最初にラバー加工しておかれるのはさすがですね!
確かに上記のような甲革裏のコンディションでは次回のオールソールは無理ですもんね。

TANINO CRISCI のオールソール修理例

踏まず部分のソールエッジは従来通りの丸コバ仕上げにしています。