Ferragamo のオールソール修理例 マッケイ製法

一体成型のラバーソールからレザーソールへカスタマイズ

Ferragamo のオールソール修理例

今回のご紹介はフェラガモの一体成型のラバーソールが磨り減り、穴が開いてしまったとの事でオールソールのご依頼です

どのようなスタイルでオールソールをするかに付いては、最終的に私に任せていただける事になりましたのでソールを剥がした段階で構想を練る事にします。

Ferragamo のオールソール修理例

このラバーソールはアッパーのサイドまで巻き上げているタイプで、セメントスタイルの製法で作られアッパーサイドで縫込まれています。

Ferragamo のオールソール修理例

アッパーサイドの縫込みを解きラバーソールを剥がすとこんな感じです。インソールの踏まず辺りからかかと部分も劣化し割れています。

Ferragamo のオールソール修理例

インソールを取除き補強しておきます

アッパーの状態を見ると、幸いな事にサイドまで巻き上げていたソールの接着跡もさほどないので、マッケイ製法でレザーソールに張り替える事にしました。

Ferragamo のオールソール修理例

イタリア製レザーでゲージを取りアッパーに貼り合せます。

標準仕上げではソールに溝を掘りマッケイ縫いをするのですが、今回はカットラインスタイルで縫込み部分のソールを裂き、アッパーと縫込みし、その後に縫込み糸を隠します。

これは、通常のチャネル仕上げとは違うのですが、このスタイルで仕上げると糸が切れないという機能性と、エレガントに見えるという装飾性はチャネル仕上げと同様です。

Ferragamo のオールソール修理例

ヒールを作成し、ソール表面にはボトムステインの新色「ミッドブラウン」でステイン加工を施し、さらに、飾り車でソール面に装飾を施します。

どうでしょうか?スポーティーカジュアルなラバーソールから高級感が増し、エレガントなレザーソールのフェラガモに変身!

Ferragamo のオールソール修理例

アッパーのサイドには以前の縫込み後が残っているので、飾り縫いを施します。ソールエッジはカジュアルな感じを残すため、全体に丸コバ仕上げにしています。