REGAL オールソール(ダイナイトソール)/カスタマイズ例

・マッケイ製法
レザーソールからラバーソールに張替え

今回のご紹介は、リーガルの修理例です。

リーガルのオールソール例

ご依頼内容は、現状のレザーソールからラバーソールに変更しイメージチェンジしたいという事で、ダイナイトソールの赤色を使用してオールソール交換を行う事になりました。

リーガルのオールソール例

ヒール、ソールを分解剥離します。このシューズはマッケイ製法ですが、リーガルの場合、靴の製法はその他にもグッドイヤーウエルト製法・ステッチダウン製法のタイプもあります。

ブラックラピッド製法で靴底を作成していきます。

リーガルのオールソール例

ダイナイトソールの土台となるソールを作成します。ゲージを取り、レザーミッドソールにマッケイ用ウエルトを貼り合わせます。

リーガルのオールソール例

作成したレザーミッドソールをアッパー(靴本体)に貼り合わせ、縫込みを行い土台ができます。

マッケイ製法ですとこれでソールの張替えは終わった事になりますが、ブラックラピッド製法の場合はさらに続きます。

リーガルのオールソール例

ダイナイトソールを貼り合わせ、マッケイ用ウエルトと縫い合わせます。

グッドイヤーウエルト製法のソール交換と同じ工程となり、ブラックラピッド製法の場合は2回分のソール交換の手間がかかることになります。

リーガルのオールソール例

ヒールを作成し完成です。

この製法でソールを作成しますと、次回のソール交換はアッパー(靴本体)を傷めることなくアウトソール(ダイナイトソール部分)だけを交換できるようになるという利点があります。

リーガルのオールソール例

コバやヒール廻りは何もしていないように見えるかもしれませんが、レザーのナチュラル感を出すためシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを行なっています。