GUCCI ハーフラバー加工

イタリア製スタンダードソールを使用

GUCCI ハーフラバー加工

このお客様は普段靴を下ろす前にハーフラバー加工をするそうですが、今回は少し履いてしまったとの事。
ですがこれなら全然問題なくきちんと加工することが出来ます。
来店されるお客様の中には、かなり履き込んでからハーフラバーを貼るものだと思っておられる方も多いのですが、このような場合は土台となるソールが磨り減りすぎて無くなっていたり、変な減り方をしている等、きちんとした仕上げが出来ないような事も多いのです。
後々するのであれば、最初にしておけば綺麗な状態のソールを維持できる事になりますので賢明な選択ですね。

「薄いハーフラバーソールの方がいいのかな?」と言っておられましたが、しっかりとした作りのレザーソールですのでスタンダードソールを選択し加工を行うことになりました。

GUCCI ハーフラバー加工

貼り合せる面を研磨し、貼り合せ口は少しアールをつけたデザインカットにしてみました。後は形成加工し仕上げを施し完成です。