foot the coacher カスタマイズ編

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回のご紹介は、前回と同じお客様で、別タイプのフットザコーチャーのソール張替えのご相談です。 現状のスポンジソールは滑るので、今回は遊び心をもって違うタイプのソールでカスタマイズしてみようという事になり、色々検討の結果、エンジニアブーツのようなソールにすべくビブラム#100ソールで張り替える事になりました。

今回のご紹介は、前回と同じお客様で、別タイプのフットザコーチャーのソール張替えのご相談です。
現状のスポンジソールでは滑るので、今回は遊び心をもって違うタイプのソールにしてみようという事になり、色々検討の結果、エンジニアブーツのようなソールにすべくビブラム#100ソールで張り替える事になりました。

スポンジソール及びミッドソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態になっています。

スポンジソール及びミッドソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態になっています。

新しいコルクを埋め、ウエルトとミッドソールを縫い合わせて糸は抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、ウエルトとミッドソールを縫い合わせて糸は抜き取っておきます。

ラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

ラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせます。

ウエルトとミッドソールを縫い合わせます。

ビブラム#100ソールを貼り合わせ、形成加工します。

ビブラム#100ソールを貼り合わせ、形成加工します。

積革を行い、ビブラム#100ヒールをのせヒールを作成します。

積革を行い、ビブラム#100ヒールをのせヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)は黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施します。

アクセントをつける為、ヒール廻りは淡い茶系色のシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

アクセントをつける為、ヒール廻りは淡い茶系色のシャンペンカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビブラム#100ソールでのカスタマイズ修理は完了です。 スポンジ素材のソールに比べグリップ力は格段に上がり、エンジニアブーツっぽいソールに仕上がりました。

これで、ビブラム#100ソールでのカスタマイズ修理は完了です。
スポンジ素材のソールに比べグリップ力は格段に上がり、エンジニアブーツっぽいソールに仕上がりました。