foot the coacher オールソール

グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、フットザコーチャーの修理例です。 現状と同じビブラム#2055ソールで張替えたいとのオーダーです。

今回のご紹介は、フットザコーチャーの修理例です。
現状と同じビブラム#2055ソールで張替えたいとのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっていました。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっていました。

新しいコルクを埋め、グッドイヤーウエルトに残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

新しいコルクを埋め、グッドイヤーウエルトに残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。 #2055ソールはダイナイトソールによく似たパターンですが、厚みや突起の高さ・配置が微妙に異なるビブラム社のソールです。

ビブラム#2055ソールを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。
#2055ソールはダイナイトソールによく似たパターンですが、厚みや突起の高さ・配置が微妙に異なるビブラム社のソールです。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトは同じくビブラム#2055ヒールで作成します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトは同じくビブラム#2055ヒールで作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ビブラム#2055ソールの張替えは完了です。

これで、ビブラム#2055ソールの張替えは完了です。