CHEANEY グッドイヤーウエルトからの交換

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、チーニーの修理例をご紹介します。

今回は、チーニーの修理例をご紹介します。

レザーソールが擦り減って穴が開いているのは一見してわかるのですが、それよりも問題なのはこの踏まず部分で、どうやらグッドイヤーウエルトが千切れているようです。 他の箇所でもこのような症状が見受けられる状態です。

レザーソールが擦り減って穴が開いているのは一見してわかるのですが、それよりも問題なのはこの踏まず部分で、どうやらグッドイヤーウエルトが千切れているようです。
他の箇所でもこのような症状が見受けられる状態です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。

やはり、特に目立つ踏まず部分のウエルトが千切れてしまっています。

やはり、特に目立つ踏まず部分のウエルトが千切れてしまっています。

これではいけませんのでコルクを取り除き、ウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせている糸を切り、グッドイヤーウエルトを取り除いていきます。

これではいけませんのでコルクを取り除き、ウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせている糸を切り、グッドイヤーウエルトを取り除いていきます。

シャンク(靴の反りを保つ部品)も取り外します。

シャンク(靴の反りを保つ部品)も取り外します。

グッドイヤーウエルトを取り除き、裸になったアッパー(甲革)の状態です。

グッドイヤーウエルトを取り除き、裸になったアッパー(甲革)の状態です。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパーと縫い合わせていきます。 この際、アッパー(甲革)を傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパーと縫い合わせていきます。
この際、アッパー(甲革)に余分な穴を開けて傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトの交換は完了です。

グッドイヤーウエルトの交換は完了です。

シャンクを取付けます。

シャンクを取付けます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。

レザーソールに溝を掘り、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

レザーソールに溝を掘り、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

ここからはヒールの作成です。 まず、革を積み上げます。

ここからはヒールの作成です。
まず、革を積み上げます。

トップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

トップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

飾り釘を打ち、接地面の仕上げを行ないヒールは完成です。

飾り釘を打ち、接地面の仕上げを行ないヒールは完成です。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ヒールサイドには飾り車でギザ模様を付けます。

ヒールサイドには飾り車でギザ模様を付けます。

レザーソール底面の仕上げを行ない完成です。 このように、グッドイヤーウエルトが痛んでいても新しい物に交換し、ソールの張替えを行う事も可能ですので、もう駄目だと諦めずにご相談下さい。

レザーソール底面の仕上げを行ない完成です。
このように、グッドイヤーウエルトが痛んでいても新しい物に交換し、ソールの張替えを行う事も可能ですので、もう駄目だと諦めて捨ててしまう前に是非ご相談下さい。