PISTOLERO カスタマイズ編

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回は、ピストレロのカスタマイズ例をご紹介します。 ビブラム#100ソールを愛するお客様で、現状ビブラム#700ソールでつくられているのですが、#100ソールに張替えたいとのオーダーです。

今回は、ピストレロのカスタマイズ例をご紹介します。
ビブラム#100ソールを愛するお客様で、現状ビブラム#700ソールでつくられているブーツなのですが、#100ソールに張替えたいとのオーダーです。

ヒールを取り外し、ビブラム#700ソールを剥がします。 ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

ヒールを取り外し、ビブラム#700ソールを剥がします。
ダブルソール構造ですので、ミッドソールが出ます。

アッパーウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

アッパーウエルト側に残る縫込み糸はキッチリと抜き取っておきます。

レザーミッドソールの上にラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。 これは、ビブラム#100ソールとの接着力を高めるのに必要な工程です。

レザーミッドソールの上にラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。
これは、ビブラム#100ソールとの接着力を高めるのに必要な工程です。

ラバーミッドソールの上にビブラム#100ソールを貼り合わせ形成加工します。

ラバーミッドソールの上にビブラム#100ソールを貼り合わせ形成加工します。

ヒール部分は、革を積み上げ、ビブラム#100ヒールと合わせ作成します。

ヒール部分は、革を積み上げ、ビブラム#100ヒールと合わせ作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを行います。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを行います。

これで、ビブラム#700ソールから#100ソールへの張替えは完了です。 このように、アッパー(甲革)のデザインは気に入っているけれど、「ソールが違うタイプならもっと良いのに」と感じるような場合も手法は様々ありますのでご相談下さい。

これで、ビブラム#700ソールから#100ソールへの張替えは完了です。
このように、アッパー(甲革)のデザインは気に入っているけれど、「ソールが違うタイプならもっと良いのに」と感じるような場合でも、手法は様々ありますのでどうぞお気軽にご相談下さい。