GRENSON キシミ音がする件

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、グレンソンの修理例をご紹介します。 お客様からのご相談は、歩くと靴からキシミ音がするとの事で、どうやらシャンク(靴の反りを保つ部品)が折れているようだとのご指摘です。

今回は、グレンソンの修理例をご紹介します。
お客様からのご相談は、歩くと靴からキシミ音がするとの事で、どうやらシャンク(靴の反りを保つ部品)が折れているようだとのご指摘です。

キシミ音の原因(シャンク折れ?)を探るためには、ソールを剥がして確認する必要があります。 ソールを剥がした中はスポンジ材で埋められていました。

キシミ音の原因(シャンク折れ?)を探るためには、ソールを剥がして確認する必要があります。
ソールを剥がした中はスポンジ材で埋められていました。

スポンジ材を剥がすとスティール製のシャンクが折れていました。 *シャンクとは踏まず部分に取り付けられている部品で、靴の反りを保つための物です。

スポンジ材を剥がすとスティール製のシャンクが折れていました。
*シャンクとは踏まず部分に取り付けられている部品で、靴の反りを保つための物です。

新しいスティール製のシャンクを取付けます。

新しいスティール製のシャンクを踏まず部分に取付けます。

従来のスポンジ材に変えコルクを埋めます。 これは、スポンジ材がズレた時に出るキシミ音の可能性も考えられるからです。

従来のスポンジ材に変えコルクを埋めます。
これは、スポンジ材がズレた時に出るキシミ音の可能性も考えられるからです。

お客様のオーダーで、どのみちオールソール交換になるのでダイナイトソールで張り替えたいとの事です。

お客様のオーダーで、どのみちオールソール交換になるのでダイナイトソールで張り替えたいとの事です。

革を積み上げ、ダイナイトヒールと合わせヒールを作成します。

革を積み上げ、ダイナイトヒールと合わせヒールを作成します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、キシミ音がする修理は完了です。 結果、修理内容はシャンク交換及びコルク交換を行い、ダイナイトソールでの張替えという事になりました。

これで、キシミ音がする件の修理は完了です。
結果、修理内容はシャンク交換及びコルク交換を行い、ダイナイトソールでの張替えという事になりました。