Johnston&Murphy オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、ジョンストン&マーフィーのソール張替え例です。 イタリアレザーでチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)のオーダーです。

今回のご紹介は、ジョンストン&マーフィーのソール張替え例です。
イタリアレザーでチャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)のオーダーです。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる状態となっています。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる状態となっています。

新しいコルクを埋め、ウエルトに残るソールと縫い合わせていた糸は抜き取ります。

新しいコルクを埋め、ウエルトに残るソールと縫い合わせていた糸は抜き取ります。

イタリアレザーを貼り合わせ、ソールの縫い合わせる部分の革を掻き起してウエルトと縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、ソールの縫い合わせる部分の革を掻き起してウエルトと縫い合わせます。

掻き起した革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起した革を貼り戻し、縫込み糸を隠します。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

これで、イタリアレザー(チャネル仕上げ/ヒドゥンチャネル)でのソール張替えは完了です。

これで、イタリアレザー(チャネル仕上げ/ヒドゥンチャネル)でのソール張替えは完了です。