Belstaff ライダーブーツ オールソール

・セメント製法からブラックラピッド製法でソール交換

今回は、埼玉県からご依頼いただきましたベルスタッフ ライダーブーツのソール張替え例をご紹介します。 オーダーはコマンドソールでソールを作成したいとの事です。

今回は、埼玉県からご依頼いただきましたベルスタッフ ライダーブーツのソール張替え例をご紹介します。
オーダーはコマンドソールでソールを作成したいとの事です。

まずは、現状のソールを剥がします。

まずは、現状のソールを剥がします。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成します。 ゲージを取り、レザーミッドソールにマッケイ用ウエルトを巻きます。

コマンドソールの土台となるミッドソールを作成します。
ゲージを取り、レザーミッドソールにマッケイ用ウエルトを巻きます。

マッケイウエルト部分を染色しておきます。

マッケイウエルト部分を染色しておきます。

作成したミッドソールを貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。 この段階では、マッケイ製法のオールソールと同じ工程です。

作成したミッドソールを貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。
この段階では、マッケイ製法のオールソールと同じ工程です。

上から見るとこんな感じになります。

上から見るとこんな感じになります。

次にコマンドソールを貼り合わせ、形成加工の上、アッパー(甲革)から張り出したウエルト部分と縫い合わせます。 この工程では、グッドイヤーウエルト製法のオールソールと同じです。 この様に、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法のオールソール2回分の工程が必要となります。 これがブラックラピッド製法です。

次にコマンドソールを貼り合わせ、形成加工の上、アッパー(甲革)から張り出したウエルト部分と縫い合わせます。
この工程では、グッドイヤーウエルト製法のオールソールと同じです。
この様に、マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法のオールソール2回分の工程が必要となります。
これがブラックラピッド製法です。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コマンドヒールを取付け、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

底面からみるとこんな感じです。

底面からみるとこんな感じです。

これで、コマンドソールでのソール張替えは完了です。 こうしておけば、次回のソール張替え時はミッドソールは残す事ができ、コマンドソール以下を色んなソールに張替える事が可能です。

これで、コマンドソールでのソール張替えは完了です。
こうしておけば、次回のソール張替え時はミッドソールは残す事ができ、コマンドソール以下を色んなソールに張替える事が可能です。