CROCKETT&JONES つま先ラバー加工・トップリフト交換

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。 オーダーは、擦り減ったつま先はラバーチップで修復し、ヒールは類似の物で修理したいとの事です。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズの修理例です。
オーダーは、擦り減ったつま先とヒール部分を修理したいとの事です。

まずは、擦り減ったヒールの修理を行います。

まずは、擦り減ったヒールの修理を行います。

ヒールのトップリフト部分(接地面の部品)を剥がします。

ヒールのトップリフト部分(接地面の部品)を剥がします。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

新しいトップリフトを貼り合わせ、形成加工します。

飾り釘を打ち、仕上げの為、接地面のレザー表面を研磨します。

飾り釘を打ち、仕上げの為、接地面のレザー表面を研磨します。

擦り減ったつま先部分の修理を行います。 こちらは、ラバーチップで行いたいとのオーダーです。

擦り減ったつま先部分の修理を行います。
こちらは、ラバーチップで行いたいとのオーダーです。

擦り減ったつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

擦り減ったつま先部分を研削し、ドイツ製強化ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

前から見るとこんな感じです。

前から見るとこんな感じです。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)は染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りも染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒール廻りには、飾り車でギザ模様もつけます。

ヒール廻りには、飾り車でギザ模様もつけます。

トップリフトのレザー接地表面は、淡い茶系色でステイン加工(染色)を行います。 *ステイン加工はオプションです。

トップリフトのレザー接地表面は、淡い茶系色でステイン加工(染色)を行います。
*ステイン加工はオプションです。

ソール前部の接地表面も同様に仕上げを行ないます。

ソール前部の接地表面も同様に仕上げを行ないます。

全体像はこんな感じです。

全体像はこんな感じです。

これで、擦り減ったつま先の修理とトップリフトの交換は完了す。 この様なロウ引き仕上げや、ステイン加工の仕上げを行える修理店は数えるほどしかありませんので、単に価格が安いというだけで選ぶのではなく、仕上げ内容にもこだわってみてはいかがでしょうか!

これで、擦り減ったつま先の修理とトップリフトの交換は完了す。
この様なロウ引き仕上げや飾り車での模様付け、ステイン加工の仕上げ等を行える所は少なく、単に価格が安いというだけで修理店を選ぶのではなく、仕上げ内容にもこだわってみてはいかがでしょうか!