CROCKETT&JONES オールソール(グッドイヤーウエルトから交換)

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例のご紹介です。

今回のご紹介は、クロケット&ジョーンズのソール張替え例のご紹介です。

画像では見づらいかもしれませんが、アッパー(甲革)とソールの境目に白い糸が見えます。 これは、グッドイヤーウエルトとアッパーを縫い合わせている糸で、この糸が見えているという事はウエルトが千切れている状態です。

画像では見づらいかもしれませんが、アッパー(甲革)とソールの境目に白い糸が見えます。
これは、グッドイヤーウエルトとアッパーを縫い合わせている糸で、この糸が見えているという事はウエルトが千切れている状態です。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 グッドイヤーウエルトの革質が劣化し、すぐに千切れてしまう状態となっていました。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
グッドイヤーウエルトの革質が劣化し、すぐに千切れてしまう状態となっていました。

傷んだグッドイヤーウエルトとコルクを取り除き、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)も取り外します。

傷んだグッドイヤーウエルトとコルクを取り除き、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)も取り外します。

グッドイヤーウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせていた針孔です。

グッドイヤーウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせていた針孔です。

アッパーを傷めないよう、先の画像の針孔を拾いながら新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせていきます。

アッパーを傷めないよう、先の画像の針孔を拾いながら新しいグッドイヤーウエルトを縫い合わせていきます。

新しいグッドイヤーウエルトの縫い合わせが出来ました。

新しいグッドイヤーウエルトの縫い合わせが出来ました。

両足共に縫い合わせ、こんな感じになります。

両足共に縫い合わせ、こんな感じになります。

ウッドシャンクを取付けます。

ウッドシャンクを取付けます。

新しいコルクを埋めます。

新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工します。

グッドイヤーウエルトと縫い合わせる溝を掘ります。

グッドイヤーウエルトと縫い合わせるソール部分に溝を掘ります。

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。(オープンチャネル)

グッドイヤーウエルトとソールを縫い合わせます。(オープンチャネル)

積革をし、ヒールの土台部分を作成します。

積革をし、ヒールの土台部分を作成します。

トップリフトを貼り合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

トップリフトを貼り合わせ形成加工し、ヒールを作成します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面は当店の標準仕上げを施します。 これで、グッドイヤーウエルトからのソール張替えは完了です。 通常、この状態ですと断られるショップがほとんどだと思いますが、諦めずにご依頼ください。

ソール底面は当店の標準仕上げを施します。
これで、グッドイヤーウエルトからのソール張替えは完了です。
通常、この状態ですと断られるショップがほとんどだと思いますが、諦めずにご依頼ください。