Berwick レザーソールからビブラム#2060に張替え

・グッドイヤーウエルト製法

今回は、バーウィックのソール張替え例のご紹介です。 オーダーは柔らかい履き心地にしたいとの事で、ビブラム#2060でのソール交換です。

今回は、バーウィックのソール張替え例のご紹介です。
オーダーは柔らかい履き心地にしたいとの事で、スポンジ素材のビブラム#2060でのソール交換です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。 中のコルクは崩れる事なく残っていますので、このまま進行できる状態です。

ヒールを分解除去し、レザーソールを剥がします。
中のコルクは崩れる事なく残っていますので、このまま進行できる状態です。

レザーソールと縫い合わせていた糸はきっちりと抜き取ります。

レザーソールと縫い合わせていた糸はきっちりと抜き取ります。

ビブラム#2060ソールにするには、レッドウイングなどのように土台としてラバーミッドソールを形成します。 ウエルトとラバーミッドソールを縫い合わせ固定します。

ビブラム#2060ソールにするには、レッドウイングなどのように接着力を高めるため、土台としてラバーミッドソールを形成します。
ウエルトとラバーミッドソールを縫い合わせ固定します。

ビブラム#2060を貼り合わせ形成加工の上、コバ(ソール側面)廻りを染色し、仕上げを行います。

ビブラム#2060を貼り合わせ形成加工の上、コバ(ソール側面)廻りを染色し、仕上げを行います。

これで、レザーソールからクッション性の高いビブラム#2060でのソール張替えは完了です。

これで、レザーソールからクッション性の高いビブラム#2060でのソール張替えは完了です。