Jalan Sriwijaya ソールから音鳴りがする件

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、ジャランスリウァヤのソール張替え例のご紹介です。 歩くとソールからキシミ音がするとの事で、ソール交換の際にチェックしてほしいとのご依頼です。

今回は、ジャランスリウァヤのソール張替え例のご紹介です。
歩くとソールからキシミ音がするとの事で、ソール交換の際にチェックしてほしいとのご依頼です。

グッドイヤーウエルト製法のシューズですが、このブランドの特徴として踏まず部分だけはウエルトとソールを縫い合わせず、ソールと中底を縫い合わせるスタイルを採っています。 その為、踏まず部分のウエルトソールが剥がれる状態となり、これもキシミ音の一因となっている可能性も考えられます。

このブランドの特徴として、踏まず部分だけはウエルトとソールを縫い合わせず、ソールと中底を縫い合わせるスタイルを採っています。
その為、踏まず部分のウエルトソールが剥がれる状態となり、これもキシミ音の一因となっている可能性も考えられます。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。

キシミ音の原因となるシャンク(靴の反りを保つ部品)の折れや遊びも見受けられません。

キシミ音の原因となるシャンク(靴の反りを保つ部品)の折れや遊びは見受けられません。

コルクはポロポロと崩れる状態でしたので、中でズレて音鳴りの一因になったのかもしれません。

コルクはポロポロと崩れる状態でしたので、中でズレて音鳴りの一因になったのかもしれません。

ウエルトや中底と縫い合わせていた糸は抜き取り、新しいコルクを埋めます。

ウエルトや中底と縫い合わせていた糸は抜き取り、新しいコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工の上、ウエルトとソールを縫い合わせます。

踏まず部分は中底と縫い合わせるのではなく、ウエルトと縫い合わせています。

踏まず部分は中底と縫い合わせるのではなく、ウエルトと縫い合わせています。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色の上、ロウ引き仕上げを施します。

ご要望のハーフラバー加工も行い完成です。

ご要望のハーフラバー加工も行い完成です。