SHETLAND FOX オールソール

・グッドイヤーウエルト製法+マッケイ製法

今回はシェットランドフォックスのオールソール例をご紹介します。 ご依頼内容は以下の通りです。 イタリアレザーでオールソール ・チャネル仕上げ(隠し縫い) ・ステイン加工(ソール底面の染色) ・ビンテージトウスティール(TRIUMPH)の取付

今回はシェットランドフォックスのオールソール例をご紹介します。
ご依頼内容は以下の通りです。
イタリアレザーでオールソール
・チャネル仕上げ(隠し縫い)
・ステイン加工(ソール底面の染色)
・ビンテージトウスティール(TRIUMPH)の取付

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 独特なデザインのシューズで、前半分はグッドイヤーウエルト製法、踏まず部分から後ろはマッケイ製法となっており、異なる製法が混在するスタイルです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
独特なデザインのシューズで、前半分はグッドイヤーウエルト製法、踏まず部分から後ろはマッケイ製法となっており、異なる製法が混在するスタイルです。

ウエルトや中底と縫い合わされていた糸はきちんと抜き取ります。

ウエルトや中底と縫い合わされていた糸はきちんと抜き取ります。

崩れた古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。

崩れた古いコルクは取り除き、新たにコルクを埋めます。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、縫い合わせる部分の革を掻き起します。 ソール前部のグッドイヤー部分はウエルトと縫い合わせ、踏まず部分は中底と縫い合わせ固定します。

イタリアレザーを貼り合わせ形成加工し、縫い合わせる部分の革を掻き起します。
ソール前部のグッドイヤー部分はウエルトと縫い合わせ、踏まず部分は中底と縫い合わせ固定します。

掻き起していた革を貼り戻し、縫い目を隠します。 *チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

掻き起していた革を貼り戻し、縫い目を隠します。
*チャネル仕上げ(ヒドゥンチャネル)です。

積革をし、トップリフトを貼り合わせヒールを作成します。

ヒールを作成し、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

グッドイヤーウエルト製法のソール前部。

グッドイヤーウエルト製法のソール前部。

マッケイ製法の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

マッケイ製法の踏まず部分は丸コバ仕上げを施しています。

ヒールサイドの上部には、飾り車でギザ模様の加工を施します。

ヒールサイドの上部には、飾り車でギザ模様の加工を施します。

つま先はビンテージトウスティール(TRIUMPH)を取付けます。

つま先はビンテージトウスティール(TRIUMPH)を取付けます。

踏まず部分は、飾り車でギザ模様を加工してみました。

踏まず部分は、飾り車でギザ模様を加工してみました。

ソール底面はステイン加工(茶系色で染色)を施します。

ソール底面はステイン加工(茶系色で染色)を施します。

これで、イタリアレザーオールソール ・チャネル仕上げ ・ステイン加工 ・ビンテージトウスティール取付 の完了です。

これで、イタリアレザーオールソール
・チャネル仕上げ
・ステイン加工
・ビンテージトウスティール取付
の完了です。