ゴルフシューズのソール張替え

・マッケイ製法からブラックラピッド製法でソール張替え

今回は、東京都からご依頼いただきましたゴルフシューズのソール張替え例をご紹介します。 ご希望の修理内容は ・JRレザーソールを使用 ・現在のスパイクは特殊ネジの為、汎用のピッチのタイプで加工 「大枠はこれでお願いします」とのオーダーです。

今回は、東京都からご依頼いただきましたゴルフシューズのソール張替え例をご紹介します。
ご希望の修理内容は
・JRレザーソールを使用
・現在のスパイクは特殊ネジの為、汎用のピッチのタイプで加工
「大枠はこれでお願いします」とのオーダーです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。 画像ではわからないのですがレディースの可愛らしいサイズで、つま先部分のスパイクが重なり合って着脱しにくい状態になっています。 これは、ソールとアッパー(甲革)中底を縫い合わせるマッケイ製法の為、その内側に凹型金具を納める必要がありますのでどうしても窮屈になり重なってしまうのです。

ヒールを分解除去し、ソールを剥がします。
画像ではわからないのですがレディースの可愛らしいサイズで、つま先部分のスパイクが重なり合って着脱しにくい状態になっています。
これは、ソールとアッパー(甲革)中底を縫い合わせるマッケイ製法の為、その内側に凹型金具を納める必要があり、サイズが小さいシューズの場合どうしても窮屈になり重なってしまうのです。

ソールを剥がすと、中底がひび割れしている状態となっています。

ソールを剥がすと中底がひび割れしている状態でしたので取り外します。

中底を補修します。

中底を補修します。

中底を元に戻し、固定します。

中底を元に戻し、貼り合わせ固定します。

つま先の重なりを解消する為、ブラックラピッド製法でソール作成を行います。 まず、JRレザーソールの土台となるミッドソールを作成します。

つま先の重なりを解消する為、ブラックラピッド製法でソール作成を行います。
まず、JRレザーソールの土台となるミッドソールを作成します。

アッパー(甲革)から張り出すマッケイウエルト部分を染色します。

アッパー(甲革)から張り出すマッケイウエルト部分を染色します。

作成したミッドソールをアッパーに貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。 この段階はマッケイ製法です。

作成したミッドソールをアッパーに貼り合わせ、中底と縫い合わせ固定します。
この工程まではマッケイ製法です。

JRレザーソールに凹型金具の取付加工を行います。

JRレザーソールに凹型金具の埋め込み加工を行います。

ミッドソールにJRレザーソールを貼り合わせ、形成加工します。

土台のミッドソールに加工したJRレザーソールを貼り合わせ、形成加工し縫込み部分の溝を掘ります。

グッドイヤーウエルト製法と同様に、アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と、JRレザーソールを縫い合わせます。 こうすることで、中底と縫い合わせるよりも外側で縫える為、凹型金具を少し間隔をあけて取付できるようになり、スパイクが重なり合わないようにできます。

グッドイヤーウエルト製法と同様に、アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と、JRレザーソールを縫い合わせます。(マッケイ製法とグッドイヤーウエルト製法を合わせたような製法がブラックラピッド製法です)
こうすることで、中底と縫い合わせるよりも外側で縫える為、凹型金具を少し間隔をあけて取付できるようになり、スパイクが重なり合わないようにできます。

ヒールのトップリフトも同様に凹型金具の取付加工を行います。

ヒールのトップリフトも同様に凹型金具の埋め込み加工を行います。

ヒールは、革を積み上げトップリフトを貼り合わせ形成加工を行い作成します。

ヒールは革を積み上げ、トップリフトを貼り合わせ形成加工を行い作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

ソール底面は、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

ソール底面は、茶系色でステイン加工(染色)を施します。

スパイクを取付け完成です。

スパイクを取付け完成です。