Faconnable オールソール

・マッケイ製法からブラックラピッド製法でソール交換

今回のご紹介は、ファッソナブルのオールソール例です。 弾力性がある感じのソールで「お任せで」とのご依頼です。

今回のご紹介は、ファッソナブルのオールソール例です。
「弾力性がある感じのソールでお任せで」とのご依頼です。

アッパー(中底)と縫い合わせている糸を切り、一体成型のソールを剥がします。

アッパー(中底)と縫い合わせている糸を切り、一体成型のソールを剥がします。

ゲージを取り、ソールの土台となるミッドソールを作成します。

ゲージを取り、ソールの土台となるミッドソールを作成します。

作成したミッドソールを貼り合わせ、アッパー(中底)と縫い合わせます。

作成したミッドソールを貼り合わせ、アッパー(中底)と縫い合わせます。(アッパーから張り出すウエルト部分は染色しておきます)

土台のソールにラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

土台のソールにラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせ固定します。

アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせ固定します。

アウトソールは比較的弾力性のあるビブラム#1136で作成します。

アウトソールは比較的弾力性のあるビブラム#1136で作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで、ブラックラピッド製法でのオールソールの完成です。 この作りにしておくと次回のソール交換の際は、土台となるソールはそのまま使用でき、アッパーを傷めることなく色んなソールに張替える事が可能です。

これで、ブラックラピッド製法でのオールソールの完成です。
この作りにしておくと次回のソール交換の際は、土台となるソールはそのまま使用でき、アッパー(甲革)を傷めることなく色んなソールに張替える事が可能です。