Paul may オールソール / カスタマイズ例

・マッケイ製法からブラックラピッド製法でソール作成

今回のご紹介は、ポール メイのカスタマイズ例です。 ビブラム#100にソールを張替えたいとのオーダーでしたので、現状のマッケイ製法からブラックラピッド製法でソールを作成していきます。

今回のご紹介は、ポール メイのカスタマイズ例です。
ビブラム#100にソールを張替えたいとのオーダーでしたので、現状のマッケイ製法からブラックラピッド製法でソールを作成していきます。

まずは、ヒールを分解除去します。 ソールがヒールのかかりまでしかない特徴的なデザインです。

まずは、ヒールを分解除去します。
ソールがヒールのかかりまでしかない特徴的なデザインです。

ソールとアッパーを縫い込んでいる糸を切り、ソールを剥がします。

ソールとアッパーを縫い込んでいる糸を切り、ソールを剥がします。

ビブラム#100の土台となるソールを作成する必要がありますので、ゲージを取り、マッケイ用ウエルトをミッドソールに貼り合わせ作成します。

ビブラム#100の土台となるソールを作成する必要がありますので、ゲージを取り、マッケイ用ウエルトをミッドソールに貼り合わせ作成します。

作成したミッドソールをアッパーと縫い合わせます。 この段階までは、マッケイ製法のソール交換と同じ工程です。

作成したミッドソールをアッパーと縫い合わせます。
この段階までは、マッケイ製法のソール交換と同じ工程です。

そのミッドソールの上に、ラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。 そして、甲革から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせます。 この作業工程はグッドイヤーウエルト製法と同じ事ですので、ソール交換を二回行う感じとなります。

そのミッドソールの上に、ラバーミッドソールを貼り合わせ形成加工します。
そして、甲革から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせます。
この作業工程はグッドイヤーウエルト製法と同じ事ですので、ソール交換を二回行う感じとなります。

ラバーミッドソールの上にビブラム#100を貼り合わせ形成加工します。

ラバーミッドソールの上にビブラム#100を貼り合わせ形成加工します。

ヒールを作成します。

ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。