ALDEN レザーオールソール交換

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回は、オールデンのソール張替え例をご紹介します。 ソール底面の中央部辺りに穴が開いている状態です。

今回は、三重県からご依頼のオールデンのソール張替え例をご紹介します。
ソール接地面の中央部辺りに穴が開いている状態です。

また、画像ではわかりづらいのですが、甲革とグッドイヤーウエルトの境目辺りに裂傷があるのもチェックしてほしいとのご依頼です。

また、画像ではわかりづらいのですが、甲革とグッドイヤーウエルトの境目辺りに裂傷があるのもチェックしてほしいとのご依頼です。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。

甲革とグッドイヤーウエルトの境目は、やはり部分裂傷が確認出来、この部分を補修するにはグッドイヤーウエルトを取り外す必要があります。

甲革とグッドイヤーウエルトの境目は、やはり部分裂傷が確認出来、この部分を補修するにはグッドイヤーウエルトを取り外す必要があります。

アッパー(甲革)とウエルトとの縫い合わせを解き、グッドイヤーウエルトを取り外していきます。

アッパー(甲革)とウエルトとの縫い合わせを解き、グッドイヤーウエルトを取り外していきます。

グッドイヤーウエルトを取り外し、裂傷部分を補修します。

グッドイヤーウエルトを取り外し、裂傷部分を補修します。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)に縫い合わせていきます。 この際、アッパーを傷めないよう従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパー(甲革)に縫い合わせていきます。
この際、アッパーを傷めないよう従来の針穴を拾いながら慎重に縫い合わせます。

グッドイヤーウエルトの交換完了です。

グッドイヤーウエルトの交換完了です。

新しいコルクを埋め込み、オールデン特有のスティールシャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

新しいコルクを埋め込み、オールデン特有のスティールシャンク(靴の反りを保つ部品)を取付けます。

グッドイヤーウエルトの交換を行い、コルクの挿入まで完了した状態です。

グッドイヤーウエルトの交換を行い、コルクの挿入まで完了した状態です。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

ヒールを作成します。

ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。 *ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングしていく仕上げ方法です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。
*ロウ引き仕上げは、熱したコテでロウを溶かしながらコーティングしていく仕上げ方法です。

ソール底面の仕上げも行い完成です。

ソール底面の仕上げも行い完成です。