Paraboot オールソール張替え

・マッケイ製法(袋状タイプ)を改良しソール張替え

今回は、パラブーツのソール張替え例をご紹介します。

今回は、パラブーツのソール張替え例をご紹介します。

一体形成されたラバーソールをアッパー(甲革)に縫い合わせているタイプで、その糸を切りソールを剥がします。 お客様のご要望は、「今よりあまりソールが厚くならない感じでお任せで」との事です。

一体形成されたラバーソールをアッパー(甲革)に縫い合わせているタイプで、その糸を切りソールを剥がします。
お客様のご要望は、「今よりあまりソールが厚くならない感じのラバーソールでお任せで」との事です。

そもそも、この靴のこのサイズにぴったり合った一体型のソールはありませんので、まずは、ゲージを取りラバーソールの土台を作成します。 また、ソールが厚く見えないよう、独自に薄い革でマッケイウエルトを作成しています。

そもそも、この靴のこのサイズにぴったり合った一体型のソールはありませんので、まずは、ゲージを取りラバーソールの土台を作成します。
また、ソールが厚く見えないよう、独自に薄い革でマッケイウエルトを作成しています。

作成したマッケイウエルト(甲革から張り出す部分)を黒色で染色し、元のソールに似せてギザギザ模様を刻みます。

作成したマッケイウエルト(甲革から張り出す部分)を黒色で染色し、元のソールに似せてギザギザ模様を刻みます。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせ縫込みます。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせ縫込みます。

ヒール部分も作成し、アウトソールはビブラム#1220を貼り合わせ、形成加工します。 その上で、アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせ固定します。

ヒール部分も作成し、アウトソールはビブラム#1220を貼り合わせ、形成加工します。
その上で、アッパー(甲革)から張り出したマッケイウエルト部分と縫い合わせ固定します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これでソールの張替えは完了です。

これでソールの張替えは完了です。