a.testoni オールソール交換

・マッケイ製法からブラックラピッド製法でソール交換

今回のご紹介は、テストーニのソール交換例です。 レザーソールにウレタン素材のソールが埋め込まれてているタイプで、ウレタン部分が加水分解で崩れてしまっている状態です。

今回のご紹介は、テストーニのソール交換例です。
レザーソールにウレタン素材のソールが埋め込まれてているタイプで、ウレタン部分が加水分解で崩れてしまっている状態です。

レザーソールにウレタン素材が内臓加工された一体形のソールを剥がします。

レザーソールにウレタン素材が内臓加工された一体形のソールを剥がします。

同じ感じのシルエットでダイナイトソールに交換するという事になりましたので、まずは土台となるミッドソールをマッケイ用ウエルトで巻き作成します。

同じ感じのシルエットでダイナイトソールに交換するという事になりましたので、まずは土台となるミッドソールをマッケイ用ウエルトで巻き作成します。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせた上で縫込み、ダイナイトソールの土台とします。

作成したミッドソールをアッパー(甲革)に貼り合わせた上で縫込み、ダイナイトソールの土台とします。

作成したミッドソールの上に、ダイナイトソールを貼り合わせ、アッパー(甲革)から張り出したウエルト部分と縫い合わせます。 このようにしておきますと、次回のソール交換は土台部分が残り、ダイナイトソール部分だけを色んなソールに張り替える事ができるようになります。

作成したミッドソールの上に、ダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルト部分と縫い合わせます。
このようにしておきますと、次回のソール交換は土台部分が残り、ダイナイトソール部分だけを色んなソールに張り替える事ができるようになります。

ダイナイトヒールを作成します。

ダイナイトヒールを作成します。

仕上げの為、コバやヒール廻りを研磨します。

仕上げの為、コバやヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。