J.M.Weston カスタマイズ編

・セメント製法からブラックラピッド製法でソール作成

今回は、ウエストンのカスタマイズ例をご紹介します。

今回は、ウエストンのカスタマイズ例をご紹介します。

セメント製法(接着のみで貼り合わせている)の一体型ラバーソールが剥がれてしまう症状です。

セメント製法(接着のみで貼り合わせている)の一体型ラバーソールが剥がれてしまう症状です。

お客様のリクエストは「この際、グッドイヤーウエルト製法の靴みたいにしたい」との事です。 検討の結果、ビクトリーソールを使用してソール作成を行う事となりました。 まずは、一体型ソールを剥がします。

お客様のリクエストは「この際、グッドイヤーウエルト製法の靴みたいにしたい」との事です。
検討の結果、ビクトリーソールを使用してソール作成を行う事となりました。
まずは、一体型ソールを剥がします。

ゲージを取り、レザーのミッドソールにマッケイ用のウエルトを貼り合わせ、ビクトリーソールの土台を作成します。

ゲージを取り、レザーのミッドソールにマッケイ用のウエルトを貼り合わせ、ビクトリーソールの土台を作成します。

アッパー(甲革)から張り出すウエルト部分を黒色で染色の上、アッパーと貼り合わせ縫い合わせます。 この段階までは通常のマッケイ製法と同じです。

アッパー(甲革)から張り出すウエルト部分を黒色で染色の上、アッパーと貼り合わせ縫い合わせます。
この段階までは通常のマッケイ製法と同じです。

作成したミッドソールの上にビクトリーソールを貼り合わせ形成加工の上、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。 この段階はグッドイヤーウエルト製法と同じ工程です。

作成したミッドソールの上にビクトリーソールを貼り合わせ形成加工の上、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。
この段階はグッドイヤーウエルト製法と同じ工程です。

ヒールを作成します。

ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバやヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

コバやヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これで外見上はグッドイヤーウエルト製法のダブルソール構造の靴と同じになります。

これで外見上はグッドイヤーウエルト製法のダブルソール構造の靴と同じになります。